グローバル化を勝ち抜くために不可欠なダイバーシティー

「もう一つの理由がダイバーシティー(多様性)です。これもグローバル化と関係があります。いろいろな人材の強みを組み合わせてシナジー(相乗効果)をあげ、イノベーションを生むことが大事です。いまの日本のシステムでは、社長が後継者を選ぶと自分と同じような人を選んでしまいます。これはイノベーション、グローバリゼーション、ダイバーシティーとは反対の行動ではないでしょうか。日本が高度成長期なら、現場がわかって、みんなとうまくいく人がよかったかもしれませんが、今は違います。そういう人材は不要だと思います。選び方、育成の仕方を全部変えなければ駄目でしょう。だからこそ、社外の目は本当に大事だと思います」

――社外取締役をうまく活用できている会社はありますか。

「あるかなあ。ないでしょう。うまくいっているというより、いい方向に向かっている会社はあります。三菱重工もそうだと思います。まだまだいろいろ課題はあり、私から見ると、ちょっとトゥー・スローだけれど、一生懸命やっていると思います」

「宮永俊一社長になって会社が変わりました。当然、以前から少しずつ改革に取り組んできていましたが、宮永社長になってからその速度が速くなりました。前社長の大宮英明会長も改革を進めてきましたが、宮永社長はそれを上回ります。JPXはガバナンスのロールモデルとして、一生懸命努力していると思います」

「ただ、全体をみるとまだまだ遅い。グローバル化で進んでいるとされる企業の取締役会をみても外国人がほとんどいません。日本人の同じ年代のおじさんばかりで、グローバル化とかダイバーシティーを議論しても意味がないのではないかと思ってしまいます。みんなが一生懸命、同じ方向に向かっていた時代はそれでよかったのでしょうが、今はそういう時代ではありません。半面、急に会社の公用語を英語にしたり、外国人をたくさん雇ったりする会社もあります。それはそれでいいのですが、単なる飾りになりやすいと思います」

「やるしかない!」社外取締役の導入

――これから社外取締役を導入しようという会社にどのようにアドバイスしますか。

「やるしかないでしょう。三菱重工を考えたら、なぜ私を社外取締役に選んだのか、本当に不思議。相手は『スーパー・ジャパニーズ・カンパニー(超日本的企業)』ですよ。それまで全くご縁もありませんでしたし。三菱重工にとって、すごいリスクだったと思います。何もわかっていない外国人、人間関係もない人物を取締役会に迎えるのですから。はじめは互いに大変でした。きれいな仕組みをつくってから社外取締役を迎えるのではなく、一緒に対話を重ねながら新しいシステムをつくるのがいいのではないかと思います。『まずはやってみろ』です」

――では、社外取締役となる人がまず考えるべきことは何でしょう。

「社外取締役の役割は企業価値向上です。そのために、事業やステークホルダー(利害関係者)全部を考えなければなりません。そのなかでも、社外取締役は特に株主を考えるべきでしょう。社外取締役は株主の代表ではありませんが、従業員や取引先、顧客などについては、それらについてより詳しい社内の取締役が考えることができます。ただバランスは大事ですね」

日本企業経営者のビジネスナレッジは幼稚園レベル

――社外取締役をめぐる今後の課題は何でしょうか。

「一番の課題はマネジメントのための人材が育っていないことです。社外取締役を務めるための十分なビジネスの基礎知識、ビジネスナレッジを備えた人材が足りないのです。社外取締役に限らず、日本の経営者、マネジメント層は基本的なMBA(経営学修士)の知識が不足しています。ハイレベルな知識を求めているのではありません。最も基礎的な知識を欠いているのです。厳しいようですが、幼稚園レベルです」

「米国ではマネジメントに携わる人たちがみな、ビジネスナレッジを共有しています。会計や財務、マーケティングなど、共通のランゲージ・オブ・ビジネスで話しています。ですから、社外取締役として会社に入っても、いろいろみれば、『だいたいこんなもの』とコミュニケーションをとることができます。日本ではまだまだそうではありません。ですから結局、『うちの会社には独特のDNAがある』とかいってしまうのです」

「まだまだビジネス教育が足りません。欧米では結構高額ですが1週間、ビジネススクールへ行って、泊まり込みでケーススタディーをやったりするなど、充実したプログラムがありますが、日本はまだそうした研修がありません。もっとトレーニングすべきでしょう。足りないのはスキル(技能)ではありません。ナレッジ(知識)です。人材はいるのですから、企業はそうした研修を導入すべきでしょう」

クリスティーナ・アメージャン氏(Christina Ahmadjian)
1959年生まれ。81年米ハーバード大卒。87年米スタンフォード大学でMBA(経営学修士)取得、米ベイン・アンド・カンパニー入社。95年カリフォルニア大学バークレー校で博士号を取得、米コロンビア大学ビジネススクール助教授。2001年一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、04年教授、10年研究科長。12年から現職。09年エーザイ社外取締役(13年退任)。12年三菱重工業社外取締役。14年日本取引所グループ社外取締役。

(聞き手は平片均也)

「キャリアコラム」記事一覧

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら