KITTE名古屋、日常使いできる名店が大集結

日経トレンディネット

「KITTE名古屋」は名古屋駅北側に位置し、JR・地下鉄名古屋駅から徒歩1分。飲食店11~23時、物販10~20時(一部店舗により異なる)
「KITTE名古屋」は名古屋駅北側に位置し、JR・地下鉄名古屋駅から徒歩1分。飲食店11~23時、物販10~20時(一部店舗により異なる)
日経トレンディネット

2016年6月17日、名古屋駅に新たな商業施設「KITTE名古屋」がオープンした。日本郵便が運営する同ブランドの施設は2013年開業の「KITTE丸の内」、2016年4月の「KITTE博多」に次ぐ3施設目となる。2015年11月に竣工したJPタワー内の商業施設で、地下1階~地上3階に物販・飲食合わせて36店舗が出店する(そのうち、6店舗は2017年春オープン)。

1階アトリウムには金鯱をモチーフとした彫刻「GOLD FISH」がそそり立つ

まず目を引くのが、1階アトリウムのアート、ゴールドフィッシュ。金鯱(しゃちほこ)をモチーフとした高さ8.88mのメタル彫刻は、名古屋らしさを強烈に印象づけるアイコンだ。

地下1階のグルメストリート「BIMI yokocho」
飲食店の目玉はあんかけスパゲティの「スパゲゲッティハウス ヨコイ」。「KITTE名古屋限定ミラカン」(950円)

ショップのラインアップは飲食店が中心

地下1階には飲食店が集積する「BIMI yokocho」(11店舗)を中心に13店舗が出店。ここでは地元で長年愛されてきたブランドが存在感を発揮している。

「スパゲッティハウス ヨコイ」はその代表格。名古屋名物・あんかけスパゲティの元祖で、直営3号店にして約50年ぶりの出店となる。「近年、東京の百貨店などで催事出店する機会が多く、“名古屋駅に店があればまた食べに行きやすいのに”という声を数多くいただいていた(既存2店舗はいずれも栄地区)。名古屋駅出店は創業者である父の代からの夢でもあり、ようやく念願がかなった」と横井信夫社長。当面は既存店舗の人気メニューに絞って提供する。

「CRAFT BEER KOYOEN」(クラフトビヤ コウヨウエン)。名古屋名物・鉄板スパゲティの「KOYOENナポリタン」(980円、ランチタイム価格)、四日市名物・豚テキをアレンジした「KOYOENトンテキ」(950円、同)など、東海エリアのご当地食をそろえる
「浩養園クラフトビール」は4種類(各864円)

1931年開業という日本最古のビアガーデン「浩養園」(名古屋市千種区)は「CRAFT BEER KOYOEN」として初めての姉妹店を出店。「浩養園のブルワリーで醸造しているクラフトビールをはじめ7種の国産クラフトビールをそろえ、東海3県の地産地消をテーマにした料理を中心に提案する」(広報担当者)と地元発をアピールする。

「宮きしめん 駿」の「きしめんしゃぶしゃぶ」は同店のみの限定メニュー。写真は2人前で1728円
「揚げバル マ・メゾン」は創業35年の名古屋の老舗洋食店の新業態。揚げ物や味噌おでんをワインとともに楽しめる。熟成肉のひと口とんかつ、名古屋風大根味噌おでん(各194円)

「宮きしめん 駿」は熱田神宮発祥の老舗で東海地方に8店舗を展開するが、名古屋駅には初進出。「“名古屋めしの店”ではなく、きしめんも食べられる和食の店としてより日常的に利用してもらいたい」(担当者)と、周辺のオフィスワーカーの日常使いを意識したメニューや店づくりを図っている。

「鶏だしおでん さもん」は愛知県日進市の焼き鳥店による新業態。鶏だしおでんは180円~。味噌をつけて味わうのも名古屋流
3階のイタリアンレストラン「Vino&Ristorante CONNESSO」(ヴィーノ アンド リストランテ コネッサ)。「コクーン」という窓際のカップル席がユニーク

3階には会食・接待需要にも対応できる高級店が並ぶ。ここでも愛知県に本社を置くカニ料理メインの「甲羅」、愛知県岡崎市から移転オープンしたイタリアン「ヴィーノ アンド リストランテ コネッサ」、中華料理「東天紅」と地元の人にとって親しみやすいラインアップとなっている。

「La maison JOUVAUD」(ラメゾン ジュヴォー)は南仏プロヴァンスで1948年創業の老舗パティスリー。三重県津市の井村屋が日本国内で展開するが、東海地区では初出店
カフェスペースもある

名古屋駅周辺の“商業施設戦争”が激化

物販は2階の5店舗が中心。東海初出店となる木工デザイン雑貨の「Hacoaダイレクトストア」をはじめ、生活雑貨、時計、眼鏡などのショップが並ぶ。

名古屋駅周辺はJRセントラルタワーズ(1999年)に端を発し、ミッドランド スクエア、ルーセントタワー、モード学園スパイラルタワーズ(2006~2008年)が次々に建設され、“名古屋駅摩天楼”と称される高層ビル街に変貌した。2016年は再び新ビルの開業ラッシュで、3月に大名古屋ビルヂングがオープン。さらに年内から2017年にかけてシンフォニー豊田ビル、JRゲートタワー、グローバルゲートの竣工・開業が控える。

このように名古屋駅周辺に大型商業施設がひしめくなか、日常の買い物に便利な商業施設として利用されそうだ。

2階のショップ群のひとつ、「伊織」はタオルソムリエが1人ひとりに合ったタオルをセレクト。写真はKITTE名古屋限定の「letters」(1080円)。郵便マークの赤と切手をモチーフとし、岐阜の美濃和紙を織り込んである
同じく2階の「Hacoaダイレクトストア」は名古屋初出店。キーボード、マウスなど個性的なオリジナルの木製デザイン雑貨をそろえる

(ライター 大竹敏之)

[日経トレンディネット 2016年6月25日付の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧