マネー研究所

定年楽園への扉

英EU離脱で不安心理、老後資産を守るには 経済コラムニスト 大江英樹

2016/6/30

英国の欧州連合(EU)離脱が決まったことで、市場は大混乱に陥りました。私はエコノミストでもアナリストでもありませんので、今回の離脱が経済や市場に与える影響について専門的な知見を持っているわけではありません。しかし、長年マーケットに関わる仕事をし、現在はシニアのマネープランに関するコラムを書いている立場として、資産運用においてはどのような対処を考えるべきかについて触れたいと思います。

まず大前提として考えておくべきこと、それは「経済」と「市場」は必ずしも一致するものではないということです。経済から考えてみましょう。EUを離脱するからといって、英国がEU市場全体から締め出されるということではありません。

EU加盟国から見た場合、英国に対する輸出は相当な金額であり、彼らにとって英国は米国を上回る貿易相手です。今回の離脱によってルールや手続きが変わることはあったとしても、貿易そのものが大幅に縮小していくことは双方にとって良い結果をもたらしません。今後はどちらも話し合いながら互いに有利な結論を導いていくように調整の努力をしていくことになるでしょう。

先行きの経済動向がどうなっていくか現時点では読めない部分が多いことも確かですが、リーマン・ショックのときのような金融危機とは異なりますから、経済全体が直ちにスパイラル的に悪化していくことにはならないでしょう。

人間の健康に例えるなら、リーマン・ショックは急激に血圧が上がって脳卒中になる寸前の状態でした。これに対して、今回はまだ人体に影響があるわけではなく、いわば健康保険を脱退したようなものです。EU保険からは抜けたけれど、北米自由貿易協定(NAFTA)という新しい保険に入れるかもしれません。当面は不透明ですが、現時点で過度な悲観をする必要はないと思います。

ではなぜ株式相場は大きく下落したのでしょうか。ここからが「経済」と「市場」の違うところです。本来であれば市場は経済の動きを反映するものですから、両者は連動するのがあるべき姿でしょう。ところがやっかいなことに、市場にはそれに参加する多くの人たちの気分や心理が影響を及ぼすのです。

今回の例でいえば、英国民投票の数日前から残留派の優勢が報道されてきました。このため、その予想を織り込んで市場は推移してきたのです。ところが事前の予想を大きく裏切って離脱という事態になったため、市場に大きな動揺が広がりました。結果として大きな暴落を引き起こしたというわけです。

市場は常にイベントを織り込んで一喜一憂し、ときに熱狂しときに狼狽(ろうばい)する性質を持っています。資産運用で大切なことは、その熱狂や狼狽に巻き込まれないようにすることです。私は証券会社にいて相場を40年近く見続けてきましたから、ときに市場の楽観と悲観が行き過ぎる場面を数限りなく見てきました。大きなショックがあった場合は、不安にあおられて慌てて行動しないことが大切なのです。

特に気を付けるべきなのは老後資産を運用している退職者です。そうでなくても退職者の多くは年金以外には収入源を持たないため、気持ちの中には多かれ少なかれ不安があります。今回のようなイベントではその不安が増幅されかねません。そんなときに最もやってはいけないことは、保有する株式などを狼狽して慌てて売り、損失を確定してしまうことでしょう。

個別企業に投資をしていて、その企業の業績の先行きが悪化するのであれば、躊躇(ちゅうちょ)なく売った方がよい場合はありますが、今回のような市場全体を襲ったショックについては、様子を見た方がいいと思います。これはかつてのリーマン・ショックや東日本大震災のときの株式相場の下落とその後の回復を見ても明らかです。

市場は急激に動きますが、経済の実体が急激に動くことはありません。慌てることなく、市場のノイズに耳を貸さずに今後の動きに注意を払いながら、投資金額を調整することによってリスク管理をしていけばいいのではないでしょうか。それが大切な老後資産を守る近道だと思います。

「定年楽園への扉」は隔週木曜更新です。次回は7月14日付の予定です。
大江英樹(おおえ・ひでき) 野村証券で個人の資産運用や確定拠出年金加入者40万人以上の投資教育に携わる。退職後の2012年にオフィス・リベルタスを設立。行動経済学会の会員で、行動ファイナンスからみた個人消費や投資行動に詳しい。著書に「定年楽園」(きんざい)など。近著は「投資賢者の心理学」(日本経済新聞出版社)。CFP、日本証券アナリスト協会検定会員。
オフィス・リベルタス ホームページhttp://www.officelibertas.co.jp/
フェイスブックhttps://www.facebook.com/officelibertas

投資賢者の心理学 ―行動経済学が明かす「あなたが勝てないワケ」

著者:大江 英樹
出版:日本経済新聞出版社
価格:1,620円(税込み)

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL