初出場で最年少V 空中戦士、オスプレイの舞は必見

「リコシェvs.オスプレイ」を知っていますか?

新日本プロレスリングのジュニアヘビー級リーグ戦「BEST OF THE SUPER Jr.」5月27日後楽園ホール大会のメーンイベントとして行われた一戦です。超人的な身体能力を持つ者同士がアクション映画のように飛んだり跳ねたりする動きが注目され、その日のうちにインターネット上で情報が拡散、反響を受けて新日本の公式動画がYouTubeに期間限定で公開するなど世界規模で話題となりました。

リコシェ選手の空中殺法をドロップキックで迎撃するオスプレイ選手。(以下、写真は苅谷直政)

絶賛される一方で、そのあまりにめまぐるしい攻防に「闘いがない」「ストーリーがない」などと批判的な声もあったようです。私は会場で試合を観戦しました。むしろ見る前こそ「演武」的な試合になるのかも?と思っていましたが、ライブで体験してみると、とんでもない、負けず嫌い同士の最高の意地の張り合いだったのです。

後楽園ホールは日本テレビの人気長寿番組「笑点」の収録会場としても知られています。番組冒頭で映されるあの南側の観客席、普段はそのあたりで試合を観戦していますが、この日は「もっと間近で見るべき」との直感が働いて、いつもより少し良い席(西側リングサイド)のチケットを購入しました。直感は大当たり。司会席から大喜利メンバーを見るぐらいの距離感でこの試合を見ることができました。表情も肉眼でよく見えます。ウィル・オスプレイ選手の表情が実にすばらしいのです。

リング下にいるリコシェ選手目がけて、背面からトップロープを飛び越えて体当たりするオスプレイ選手。

オスプレイ選手はイギリス出身の23歳。デビューわずか4年でありながら、異次元のハイフライムーブで注目されている若手選手です。2015年に新日本プロレスが英国に遠征したときに才能を見いだされ、エース、オカダ・カズチカ選手の紹介というかたちで新日本に登場しました。

対するリコシェ選手は27歳の若さながら、キャリア13年のベテラン。新日本ではおととし2014年のスーパージュニアで優勝も経験済みです。同じ舞台に立つハイフライヤーでもリコシェ選手のほうに経験値で余裕があったでしょう。

でもいざ試合が始まってみると完全に互角のシーソーゲーム、それも見る側の思考が追いつかないほどの超高速シーソーです。互いの一手二手三手先を読みに読みに読んでどこまでも高まっていく攻防。普段の後楽園とは質の違う大歓声が沸き起こります。「応援するぞ」のエールではなく思わず漏れ出てしまった約1500人分の叫び声が重なって爆発するような歓声……。年間約30試合、この10数年で何百回と後楽園ホールで観戦してきましたがこんな経験はめったにありません。

エンタメ!連載記事一覧