投資のチェックは企業の玄関口から(藤野英人)レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者

「ファンドに組み入れるかどうか判断する際の会社訪問ではチェックポイントがいくつもある。実は企業のオフィスの入り口から始まるのだ」

前回のコラムでは、企業のウェブサイトに掲載されている「社長の写真」という意外なところに、成長する良い企業とダメな企業を見極める「法則」があることをご紹介しました。

私たちファンドマネジャーは貸借対照表や損益計算書、アニュアルリポートといった情報だけで投資する企業を選んでいるわけではありません。実際に企業の本社や工場などに足を運んで、社長や現場で働く方への取材を繰り返したり、実際にその企業の商品やサービスを試したりしながら、ファンドに組み入れるべきか慎重に絞り込んでいきます。

こうした会社訪問の際に注目すべきチェックポイントが実はいくつもあるのです。今回はそこから見つけた「法則」をお伝えしたいと思います。

チェックは企業のオフィスの入り口から始まります。

例えば、入り口においてある社員用の傘立てに、ビニール傘が無造作に立ててあるとしましょう。梅雨で雨が多い時期ならともかく、晴れているのにもかかわらず傘立てに傘がたくさん刺さっているとしたら、この会社に投資すべきでしょうか。

答えは「ノー」です。傘立ての中で傘がグチャグチャになっていたり、折れた傘がそのまま放置されていたりする会社は社員の仕事に対するモチベーションが低いのではないかと考えられるからです。これは単に持ち主の社員がルーズであるだけでなく、細かいところに目配りして口うるさく注意する社長や管理職がいないことを示しています。さまざまな面で部下の教育が行き届いていないと想像されるからです。

次に、会議室に備え付けられている時計があれば、その時間が正しい時刻を示しているか確認してみます。意図的に早めている場合もありますが、5分以上遅れている場合は要注意です。その時計を見ている社員が気づいていないか、気がついても直そうとしていないかのどちらかだからです。

気づいていないというのは「時間をしっかり守っていない」「何事にもルーズである」という問題が隠れている可能性があります。気がついても直そうとしないのであれば「何事においても自分から主体的に動こうとしない」社員の気質が表れているともいえるでしょう。

さらにチャンスがあれば必ず見ておきたいのは、コピー機周辺の様子です。コピー機は部屋の通路側に設置されていることが多いので、会議室に通される際などにチェックできることがあります。

コピー機はたくさんの人が入れ代わり立ち代わり使います。何事も他人任せにして平気な人ばかりの会社では、コピー用紙を包んでいる紙や印刷ミスをした紙がうず高く積みあがっていることが少なくありません。情報管理上もなんらかのビジネス文書を印刷した紙が放置してあるというのは問題でしょう。

傘立て、時計、コピー機……。これらはいずれも共有スペースにおいて、気づいているはずなのに誰もが放置していることが問題なのです。「会社の傘立てが整理されていなくても、自分には関係ない」と平気でいられるのは会社に貢献したいという意識が低いからでしょう。こうした現実は社員たちの「当事者意識の欠如」の表れなのです。同時にうるさい管理部長や経営者がいないことを意味します。もしかしたら、こうした会社はコンプライアンス(法令順守)などで大失態を演じる可能性があるかもしれません。

「神は細部に宿る」といいますが、会社の本質も「傘立て」などささいなところに表れるものです。ほかにも、すれ違う社員からあいさつがなければ会社全体に覇気がなく過労気味なのかもと推測できるでしょう。受付嬢が極端に美人である場合は女性を見た目で判断する会社なのかも……という具合に、小さいところに意外と本質的なことが隠れていることが多いのです。

もちろん、こうした法則は万能ではありません。ひとつあてはまっているからダメということではありません。完璧な人はいないように、これらの条件がすべてあてはまらない会社は少ないかもしれません。ただし、気になる兆候がたくさん重なってくると疑わしくなります。

投資家の力量は、見えている小さな事柄をつなぎあわせ、想像力をたくましくしていかに本質を探るかということに尽きます。何となく違和感を覚えることに対して、なぜなのかを考えるクセをつけること。こうした会社のささいな本質は必ず業績に、そしていずれは株価に影響してきます。

先週も神戸製鋼所のグループ会社で家電などのばねに使う鋼線の強度試験の値を改ざんしていた事実が発覚しました。大手企業の不祥事が相次いでいますが、コンプライアンスが厳しく問われるなか、不正が暴かれて白日の下にさらされていく流れは今後増えるでしょう。

投資家も目に見える数字を追いかけるだけでなく、ささいな事柄にも注意を払って企業の本質を探っていくようにしましょう。

プロのポートフォリオは運用に精通したプロが独自の視点で個人投資家に語りかけるコラムです。原則火曜日掲載で、レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者(CIO)の藤野英人氏と楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジストの窪田真之氏が交代で執筆します。
藤野 英人(ふじの・ひでと) レオス・キャピタルワークス社長兼最高投資責任者(CIO)。1966年生まれ。早稲田大学法学部卒。90年野村投資顧問(現野村アセットマネジメント)に入社。96年ジャーディンフレミング投資顧問(現JPモルガン・アセット・マネジメント)に入社。「JF中小型オープン」は1年間の上昇率219%を記録。驚異的なパフォーマンスを上げ、「カリスマファンドマネジャー」と呼ばれた。2000年ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントに入社。03年レオス・キャピタルワークス創業。CIOに就任。09年取締役、15年10月社長就任。明治大学非常勤講師なども務める。著書に「投資家が『お金』よりも大切にしていること」(星海社)など多数。
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし