次世代の人材、育っている? 新たな管理職像、模索を男女 ギャップを斬る(池田心豪)

2016/6/12

日本経済調査協議会が女性活躍社会研究会の報告書を発表した。筆者も研究会に参加したが、研究者と企業の人事担当者、働く女性の視点から議論を重ねた成果である。

タイトルは「次世代の経営人材が育つ企業社会に向けて」。今後の企業経営において女性活躍がなぜ必要なのか、現場の問題意識を表している。

昨今、課長や部長といった管理職は忙しさのあまり部下の育成に十分な時間を割くことができなくなっている。また目に見えて多忙な管理職の姿は部下にとって魅力的なものでなくなっている。

これでは会社の将来を担う人材は育たない。女性は昇進意欲が低いといわれるが、その内実を探っていくと、そのような男女共通の問題が見えてきた。

日本の管理職は指示・命令で部下を動かすだけでなく、部下と同じように自分の担当の仕事を持って動く「プレイングマネジャー」の性格が強い。そのことが長時間労働の要因となっている。

管理職の選抜においては、プレーヤーとして残業を避けられない難しい仕事や「泥臭い仕事」を担った経験が考慮され、そうした経験なしに昇進しても周囲に軽く見られるという話も研究会では出た。中でも経営のスリム化を進めてきた企業では、慢性的な人手不足によって管理職のプレーヤー度が増している。

「昔の管理職は新聞を読みながらハンコをついていれば良かったが、今はそうはいかない」、そのような話もあった。

女性活躍を経営改革の契機とし、新たな管理職像を模索していく必要がある。

いけだ・しんごう 1973年生まれ。4児の父。企業の子育て支援や女性労働問題を研究。厚生労働省「今後の仕事と家庭の両立支援に関する研究会」(2014~15年度)メンバー。労働政策研究・研修機構主任研究員。
注目記事