メルセデスの新SUV BMWの牙城を崩せるか

日経トレンディネット

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」
日経トレンディネット

2016年を「SUVイヤー」にするとしているメルセデス・ベンツ日本は、その第3弾となる3車種を発表した。最上級モデルの「GLS」と「GLE」のメルセデスAMGモデル「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」を発売。さらに、クーペスタイルのSUVである「GLEクーペ」を発表し、予約受付を開始。発売開始は、16年8月ごろとなる予定だ。

「Sクラス」と同等の質感や装備を持つGLS

メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」

GLSは、メルセデス・ベンツのSUVシリーズ「GL」の最上級モデルで、3列シートで7人乗車が可能な大型モデルだ。これまでは「GLクラス」と呼ばれていたが、フラッグシップセダン「Sクラス」と同等の質感や装備を備えていること示す「S」の文字を追加。今回の改良で内外装、装備がより充実したという。エントリーグレードのディーゼルモデル「GLS350d 4MATIC」から、最上級グレードの「メルセデスAMG GLS 63」まで4タイプが用意され、税込み価格は1070万~1900万円となる。

メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」
メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」

メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」
メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」

メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」
メルセデス・ベンツ「GLS350d 4MATIC」

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLS 63」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLS 63」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLS 63」

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLS 63」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLS 63」

「AMGスポーツ」のメルセデスAMG統合第一弾

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」

ミディアムクラスのGLEに追加したメルセデスAMGの新グレード「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」は、メルセデスAMGが開発した367psを発生する3.0LのV6ツインターボエンジンを搭載したスポーツモデルだ。メルセデスAMGモデルのエントリーグレードにあたり、メルセデスAMGの高い性能を持ちながらも価格を抑え、日常での扱いやすさも重視しているという。

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」

15年、メルセデス・ベンツ以上メルセデスAMG未満の立ち位置で誕生したメルセデス・ベンツの新シリーズ「AMGスポーツ」。スポーティさを際立てながらも価格は抑えめとし、幅広いユーザーにメルセデスAMGテクノロジーを愉しんでもらうモデルだった。しかし、誕生したが第1弾として投入された「C 450 AMG 4MATIC」(セダン/ステーションワゴン)の立ち位置の分かりづらさから、「AMGスポーツ」シリーズは1年で終了し、「メルセデスAMG C 43 4MATIC」と名称を変更。つまり450から、メルセデスAMGモデルを意味する2ケタの43へと名称を改めた。メルセデスAMGエントリーとなる「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」は、税込み価格が1150万円となり、最上位の「メルセデスAMG GLE 63 S 4MATIC」の1740万円よりもグッと抑えられている。

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATIC」

SUVラインアップの6番目として投入したGLEクーペは、GLEをベースにした流麗なルーフラインを持ちながら、後席スペースは快適な広さを確保しているのが特徴だ。ラゲッジルームも650Lから最大1720Lとなり、実用性も十分だ。

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」

エクステリアは、GLEらしさを取り入れた専用デザインで、精悍なフロントマスク、Sシリーズのクーペを彷彿させるリアスタイルなど、スポーティーかつ美しい仕上がりだ。インテリアは、スポーティーなシートと小径ステアリングを標準装備し、GLEよりも傾斜が強められたフロントガラスも相まって、クーペらしいスタイリッシュでパーソナルな空間が演出されている。それでも前席はもちろん後席でもゆとりがあるのは、さすがメルセデスのSUVだ。

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」

メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」
メルセデス・ベンツ「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」

グレード構成は、クリーンディーゼルを搭載するエントリーモデル「GLE 350d 4MATICクーペ」、エアロ外装、AMGスポーツシートなどを備えたアップグレードモデル「GLE 350d 4MATICクーペ スポーツ」、AMGエントリーのスポーツグレード「メルセデスAMG GLE 43 4MATICクーペ」、そして最上級のAMG高性能モデル「メルセデスAMG GLE 63 S 4MATICクーペ」が用意されており、価格は890万~1780万円。

GLEクーペ投入でSUVクーペのBMW独擅場を崩せるか

近年のSUVブームを追い風に、2016年をSUVイヤーとした効果もあって、メルセデス・ベンツ日本のSUVの販売台数は15年同様に好調な推移を見せているという。

第一四半期だけですでに約1万8000台を販売し、輸入車ブランドでナンバー1の座を勝ち取っているが、このうち24%はSUVだったという。また東京・六本木のメルセデス・ベンツコネクションに隣接するNEXTDOORで開催中のSUVエクスペリエンスも好調で、SUVのオフロード走行を同乗体験した2000組の70%が、40代以下の若い世代だったというのも驚きだ。

販売台数を見ると15年同時期よりやや減少してはいるものの、クーペスタイルのSUVといえば、これまではBMWの独擅場だっただけに、GLEクーペ投入効果への期待は大きいだろう。またメルセデスのSUVのラインアップがほぼ出そろったことで、ユーザーがより自分の用途に適したモデルを選びやすくなった面もある。SUVイヤーをうたうメルセデスのSUVが、どこまで伸びるのかは、SUV人気の今後を占ううえでも、年末まで目が離せないポイントだ。

(文・写真 大音安弘)

[日経トレンディネット 2016年5月18日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧