私も、Asian Management Associationsというクラブに入り、副会長になって、アジア各国の文化をテーマにしたパーティーを企画・開催するなど、アジアの文化を発信する活動を積極的にしていました。こういった活動のほうが、今振り返ると、意外と授業よりも記憶に残っていたりします。

私の場合は、就職は関係なかったので、ソーシャルもやりつつ、勉強に力を入れました。内部進学で大学まで進んだので、それまで人生の中で、必死に勉強したという経験がありません。必死に勉強したら自分はどこまでやれるのかという興味もありました。

その結果わかったのは、自分はちゃんと勉強すればそれなりにちゃんとできるということです。1クラス40~50人の中には、自分から見て、けた外れに優秀な人も何人かいましたが、逆に、いつもちぐはぐなことを言っている人もいる。自分はちゃんとその間に入っていたので、世界中から集まってくる優秀な学生と比べてもそんな大差はない、やればできるという自信が付きました。

インタビュー/構成 猪瀬聖(ライター)

(下)「男は黙って」は通用せず、タクシー王子改革に走る >>

「私を変えたMBA」記事一覧

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら