SIMフリースマホ 買う前に「バンド」を確認

日経PC21

PIXTA
PIXTA
日経PC21

大手量販店の店頭で販売されているSIMフリースマホ。1万円前後から5万円前後のものまで種類も豊富だ(図1)。メーン機として使うなら、税込み3万円前後の端末を選びたい。さらに大手キャリア並みの高性能な機種が欲しいなら税込み5万円前後を視野に入れよう(図2)。

図1 売れ筋は、税込み3万円前後で販売されているSIMフリースマホ。ストレージが16ギガとやや少なめだが、ウェブの閲覧やアプリの利用などには十分だ。ただし防水などの機能は搭載していない
図2 価格帯別のSIMフリースマホの傾向

これらの端末を格安SIMで使いたい場合は、対応する周波数帯域(バンド)に気を付けよう。大手キャリアごとに利用するバンドは異なっており、3社共通のLTEはバンド1の2.1GHzだけ[注1]

[注1]バンド1の「2.1GHz」帯は、「2.0GHz」帯などと表記されることもある

バンドはSIMと端末、両方が対応していないと利用できないため、系列の違うSIMと端末だと対応バンドが合わず、速度が遅くなる可能性がある(図3)。

図3 ドコモ、au、ソフトバンクが利用しているLTEの周波数帯(バンド)。このように使えるバンドは各社で異なるため、スマホとSIMを異なるキャリアのもので組み合わせると、利用できないバンドが多くなる。結果、通信エリアが狭まったり、通信速度が遅くなったりする

上記のLTEのバンドはもちろん、3Gのバンドにも注意。特にドコモの800MHz帯、バンド6と19に非対応だと、山間部などでつながりにくくなる(図4)。

図4 SIMフリースマホの大半は、ドコモ系の格安SIM向けだ。そこで注意したいのが3G回線の「FOMAプラス」に対応しているかどうか。バンド6と19への対応を明記していると安心だ

(日経PC21 原如宏)

[日経PC21 2016年7月号の記事を再構成]

日経PC21 2016年7月号

著者 : 日経PC21編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 690円 (税込み)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧