出世ナビ

上司の言い分vs部下の言い分

人事で動かしたい部下と動かしたくない部下の違いは?

濱田秀彦 株式会社ヒューマンテック代表取締役、マネジメントコンサルタント

2016/7/17

異動に対し、部下側が受け身であることは確かです。でも、異動に対し、部下側から影響を与えることはできます。

(1)異動を希望する場合

やりたい仕事があるならば、積極的に上司にプレゼンしておくべきです。例えば、「自分はあの部署でこういう仕事がしたい。自分の能力は、その仕事でこう生かせるはず」というように、自分の使い道を根拠とともに伝えておきます。前向きに仕掛ければ、上司も、会社も動くものです。特に、経営層は前向きなチャレンジをしようとしている人を歓迎します。

(2)いまの部署に止まりたい場合

異動したくないならば、上司が期待していることを知り、応えていくのはもちろんのこと、仕事面でも手を打っておきます。例えば、上司は重要な仕事をやりかけている部下は動かしにくいものです。一方、やりかけの重要な仕事を持っていない部下は動かしやすいもの。異動したくないなら、間を開けずに次々と重要な仕事を担いましょう。「大仕事を終えたから今年は少しのんびりしよう」などと思っていると動かしやすい部下になってしまいます。

いまの職場に残りたい、他の部署に移りたい、どちらにしても、異動に対して影響力を発揮していくことは自分のために必要なことです。

*組織変更や異動の噂に惑わされず、目の前の仕事に集中する

*やりたい仕事があるならば上司に具体的に話す

*異動したくないなら、やりかけの重要な仕事を絶えず持つ

異動を上司・部下ともによい機会にできるようにしていきましょう。

[日経Bizアカデミーの記事を再構成]

濱田秀彦(はまだ・ひでひこ)
ヒューマンテック代表取締役、マネジメントコンサルタント。1960年生まれ。早大卒業後、住宅リフォーム会社に就職し、最年少支店長を経て、大手人材開発会社に転職。トップセールスマンとなり、経営企画室マネージャー、システムソリューション部門責任者などを歴任後、独立。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL