SIMフリー時代に高く売れるスマホ、強いのはiPhone

日経トレンディネット

日経トレンディネット

近年、スマホの買い方で大きく変わったのは、端末購入時に手持ちのスマホを下取りに出すのが当たり前になったことだ。

ドコモやau、ソフトバンクなど、キャリアが自ら手がける下取りサービスはもちろんのこと、より高値での買い取りを期待するなら中古スマホ取扱店の買い取りもある。手持ちのスマホを下取りに出すせば、新しいスマホをより安く手に入れられる。

下取りが当たり前になった結果、「これから購入するスマホが、将来、中古市場で高く売れるか」といった点も考慮に入れる必要が出てきた。デザインや機能が気に入っていても、値落ちしやすい端末は選びにくくなったといえる。

中古スマホを取り扱うじゃんぱらのサイト。買い取り市場でもiPhoneとXperiaの人気が高い

スマホを購入したキャリアと違うキャリアで使えるようにする「SIMフリー化」の開始も、スマホの選び方を変えていく。

2015年5月以降に発売されたスマホは購入から約6カ月たてば、SIMロックを解除できる。こうしてSIMフリー化した端末は、格安SIMなどの他社SIMに入れ替えて自由に使える。

だが実際には、SIMロックを解除しても、他社のSIMで使うときに一部の機能が使えないスマホもある。これからのスマホ選びでは「下取り時の価値」に加えて「SIMロック解除後に他社のSIMでも使えるのか」という点も重要となってくる。

では「下取りで高値が付き、SIMロック解除後にも便利に使えるスマホ」の選び方についてみていこう。

多くの場合、ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを購入してから約6カ月後よりSIMロックを解除できる。手続きはネット上でもできる

「SIMロック解除iPhone」は高値が付く

iPhoneはもともと、大手キャリアや中古スマホ取り扱い店での下取り価格が高い。高性能なうえに、iOSのアップデートを長期間受けられるので、購入後長く使えるためだ。周辺機器やサポート情報が充実している点も、中古市場での価値を押し上げる。

ドコモ、au、ソフトバンクとも、iPhoneの下取り価格を高めに設定している。特にiPhoneへの買い替え時の下取りが優遇されている

なかでも最新機種の「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」は、SIMフリー化の対象であり、中古相場での価値が従来のiPhoneよりもさらに高くなる可能性がある。

従来の中古iPhoneはドコモやauなど購入した通信事業者のSIMでしか利用できなかった。だが、SIMロックを解除したiPhoneは、国内のドコモ、au、ソフトバンクや格安SIMはもちろん、世界の大半の国のSIMで利用できる。

現時点で多くの中古スマホ取り扱い店は、SIMロック解除の有無については、買い取り査定項目に加えていない。だが、一部店舗ではロック解除端末を高く買い取っているほか、個人オークションサイトでの相場も上昇している。

今後、中古市場でSIMロック解除iPhoneの流通が増えれば、SIMフリーかどうかを査定項目に加える店舗も増えるだろう。

まだ数は少ないが、SIMロック解除済みiPhoneの買い取り額を増額する店も増えつつある

高性能なハイエンドスマホを長く使いたい人、下取り価格が落ちにくいスマホが欲しい人、将来的に格安SIMや国内外の他社SIMを使いたい人にとっては、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEがおすすめの選択肢だ。

AndroidはXperiaの下取り価格が高いが……

Androidスマホで下取り価格を重視するなら、XperiaやGalaxyシリーズがおすすめだ。下の表でも分かるように、この2ブランドの端末は知名度に加えて、OSのアップデートに比較的積極的なこともあり、中古市場での人気が高い。

XperiaやGalaxyはほかのモデルより買い取り価格が高い

では、iPhoneのようにSIMロック解除で下取り価格が上がったり、利便性が向上するかというと、やや事情が異なる。

というのも、ドコモ、au、ソフトバンクから販売されているAndroidスマホの多くは、他社ネットワークのSIMだと利用に制限がつくからだ。この点について簡単に説明しておこう。

同じ端末でもキャリアによって対応周波数が違う

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホは、全国人口カバー率99%超のエリアで通話や通信を利用できる。このエリアの構築には、おもに2GHz帯と、プラチナバンド(900MHz帯または800MHz帯)という、2種類の周波数帯の電波を利用している。各社のスマホは、この2種類を含む複数の電波周波数帯に対応しており、全国で快適に利用できるわけだ。

下記の表は、ドコモ、au、ソフトバンクが高速通信のLTEで利用している主要な周波数帯の一覧だ。LTEで利用する周波数帯は3GPPと呼ばれる国際標準化組織で定められたバンド表記で区別されている。プラチナバンドの900MHz帯、800MHz帯は3社とも異なるバンドの周波数帯であることが分かる。なお、説明の簡略化のため、ほかのLTEの周波数帯や3Gの内容は省略した。

※全国エリアの構築に使われている主要周波数帯だけを記載している

次に、Androidスマホの代表として、ドコモ、au、ソフトバンクから発売されているXperia Z5の周波数帯の対応状況を見てみよう。

各社から販売されているXperia Z5は、自社の周波数帯バンドだけに対応している。SIMロック解除後に他社ネットワークのSIMに差し替えても、プラチナバンドの900MHz帯、800MHz帯の電波はつかめない仕様になっている。

※全国エリアの構築に必要な主要周波数帯だけ記載している

例えば、ソフトバンクのXperia Z5をSIMロック解除して、ドコモのSIMやドコモのネットワークを使っている格安SIMに入れ替えても、プラチナバンドがカバーする郊外や山間部で繋がらなくなるほか、市街地でもビル屋内などで圏外になる確率が増える。

一方で、iPhoneは3社の2GHz帯やプラチナバンドの900MHz、800MHz帯、ほか各社の活用しているほとんどの周波数帯に対応しており、SIMロックを解除して他社のSIMに差し替えても、快適に利用できる。

ドコモの場合、郊外エリアの多くが紫色の800MHz帯エリアだ。特に北海道や西日本に多い。他社のSIMロック解除AndroidスマホでドコモSIMやドコモのネットワークの格安SIMを使うと、紫色のエリアでは圏外になる

このほか、ドコモが提供する大半のAndroidスマホは、ドコモ契約のSIM以外だとテザリングを利用できないという制限がある。

また、auのSIMで通話するには、au VoLTEかCDMA2000という規格に対応したスマホを用意する必要がある。Androidの場合、auが提供する製品に限られている。現時点ではドコモやソフトバンクのAndroidスマホをauのSIMやauネットワークの格安SIMに入れ替えても通話の互換性がなく利用できない。

まとめると、ドコモ、au、ソフトバンクから販売されているAndroidスマホは、SIMロックを解除して他社ネットワークを利用したSIMに差し替えると、エリアや機能に制限があり快適に利用できない。格安SIMについては、以前からドコモのAndroidスマホならドコモのネットワークの格安SIMなど、同じネットワークの格安SIMなら利用できる点は変わらない。

こうした理由から、Androidスマホでは、SIMロック解除端末の下取り価値はこれまでとあまり変わらないことが予想される。これから国内通信事業者のAndroidスマホを購入する場合、下取り価格重視でXperiaやGalaxyのハイエンドモデルを購入するのが無難な選択肢になるだろう。

長く使えるのはNexusシリーズ

ただ、Androidスマホの例外的存在として、ドコモやソフトバンク、ワイモバイルが取り扱っているグーグルブランドの「Nexus 6P」「Nexus 5X」がある。これらはiPhoneと同じく、1台で世界のさまざまな通信事業者で利用できるように設計されている。SIMロック解除後は、ドコモやソフトバンク、ワイモバイルのSIMや格安SIM、海外のSIMでも問題なく使える。

2015年秋の発売から2年半は最新のAndroid OSへ更新が続く予定なので、長期間使い続けられるのも魅力だ。

Nexus 5XとNexus 6PはSIMロック解除後、さまざまな通信事業者で利用できる

ただ、Nexus 6PもNexus 5Xも、カスタムなしのAndroid OSを搭載した「開発機」に近いモデル。便利な機能やアプリが入っておらず、ハードウエアも新規格のUSB-Cを採用しているなど、新しすぎる部分もある。microSDカードにも対応していない。スマホやデジタルガジェットの扱いに慣れた、わかっている人向けの選択肢としておすすめだ。

今買うならiPhoneが無難

これからスマホを買うなら、下取り価格や将来の格安SIMでの利用を考えると、当面はiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEを購入するのが無難だ。大手キャリアの販売する高価格帯のAndroidスマホは、選択肢としてはおすすめしづらい。

(ライター 島徹)

[日経トレンディネット 2016年4月18日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧