店舗受付やデジタルサイネージ向けのユニークPC

日経PC21

エプソンダイレクトの「TD160E」
エプソンダイレクトの「TD160E」
日経PC21

エプソンダイレクトの「TD160E」は、15.6型のタッチパネル液晶を搭載したパソコン。主に店舗のカウンターや受付に置いて、POS端末やデジタルサイネージ、学校の授業などの用途を想定したユニークな製品だ。

エプソンダイレクト●Endeavor TD160E
●直販価格:9万9800円(最小構成、送料・税別)~
●CPU:セレロンN3150(1.6GHz)
●ストレージ:64GB(SSD)
●メモリー:2GB
●液晶:15.6型(1366×768ドット)
※スペックは最小構成時のもの

本体はコンパクトだが拡張端子は充実しており、SDカードスロットや2つのUSB3.0端子、HDMI出力端子などを備える。また、背面にはPOS機器などを接続するためのシリアルポートを用意するのが特徴だ。

側面にはSDカードスロット、2つのUSB3.0 端子、HDMI出力端子などがあり、パソコンとしての拡張性を確保
背面のシリアルポートが特徴。付属の変換アダプターを使って、POS 機器などを接続できる

後ろには金属製のガッチリとした作りのスタンドが付いていて、これで自立する。スタンドのトルクはかなり強く、浅い角度にして画面を強めにタッチしても、倒れることなく安定して使える。

向きを感知するセンサーがあり、縦向きにすると画面の向きも変わる。

スタンドのトルクはかなり強い。浅い角度にして画面を強めにタッチしても、倒れることなく安定して使える
VESA規格のスタンドなどに取り付けて縦置きにすることも。縦置きにすると画面の向きも変わる

ディスプレーはタッチ対応。デジタルサイネージとして動画やスライドショーを映して使うのに十分な画質だ。

液晶の上部にはカメラがある。例えば受付用の機器として設置すれば、カメラで訪問者を確認できる。また、上面には縦・横どちら向きに設置しても押しやすい位置に、電源ボタンや画面の明るさを調節するボタンが付いている。

液晶の額縁上部にカメラを搭載している。例えば受付用の機器として設置すれば、カメラで訪問者を確認できる
縦・横どちら向きに設置しても押しやすい位置に、電源ボタンや画面の明るさを調節するボタンが付いている

キーボードとマウスはオプションで別途必要だ。キーボードはワイヤレスのものにすれば、本体の設置の自由度が増す。

受付などで普段はタッチ操作のみで使い、必要なときだけキーボードを使うのなら、別売のワイヤレスキーボードとの組み合わせがベスト

CPUの冷却ファンがなく、動作音はとても静か。図書館や喫茶店のような場所でも使いやすいだろう。通信機能は無線LANだけでなく有線LAN端子も搭載する。OSはウィンドウズ10のほか、ダウングレードでウィンドウズ7も選択可能。約1.8時間駆動できる別売のバッテリーも内蔵可能で、電源のない場所でも利用できる。

(ライター 湯浅英夫)

[日経PC21 2016年5月号の記事から再構成]