転職すべきか…5年に1度はキャリアの棚卸しを転職とキャリアを考える(1)

今月のテーマは転職です。バラ色老後をにらみ、転職が人生の選択肢を広げる可能性は大いにあります。キャリアアップに結びついた場合、生涯賃金を数千万円押し上げることも珍しくありません。

筆者は独立して自分のオフィスを構えていますが、30歳までは2つの会社に勤めました。転職や独立をしたことで、年収を早く高めることができたと考えています。しかし、どんなタイミングで転職を考えるべきかのマニュアルはありません。判断基準はどこに置くべきでしょうか。

何年働いたら転職を考えるタイミングか

就職何年目に転職を考えるべきかは難しい問題です。新卒で会社に採用された20代にとって、転職は「2度目の就活」となるため、勇気が必要です。

城繁幸氏の「若者はなぜ3年で辞めるのか?」という書籍がベストセラーになりました。ここでいう3年とは、統計上よく使われる「3年離職率」が議論のきっかけです。厚生労働省の資料によると、大卒(2010年卒)の3年後離職率は31.0%です。10人に3人は3年後に会社を辞めていると考えるとかなり高い確率です。

しかし、ここでいう離職率は「仕事が合わない」のような転職も含むので、最適な「辞め時」を考える議論とはちょっと違うようです。

転職回数の多いことで知られる経済評論家の山崎元氏は「会社は2年で辞めていい」という著書を出しています。こちらはむしろ3年という区切りは意識せず、自分のキャリア形成を2年ごとのイメージで作ればよいとしています。28歳までに自分の「職」をみきわめたいので、動くなら早く転職してもいいのだ、という考え方です。

ここに筆者の意見を加えるなら、5~6年くらいが仕事を覚えて次のキャリアの礎としたり、限界を見極めたりするにはちょうどいいタイミングではないかと考えています。

意見はそれぞれであり、決まりはありません。20代の転職について「入社してから何年が辞めどき」と決めつける必要はありません。自分にとってタイムリーな時期を転職に選べばいいのです。

恩返しがまだとか、会社の都合は気にしなくていい

転職経験のある年長者として若い方にアドバイスをひとつするなら、「会社に対して恩返ししていないのだから、まだ転職すべきではない」と考える必要はありません。

確かに、何の能力の裏打ちもないあなたを採用し、給与を払ってくれた会社には感謝すべきです。最初は研修費用なども負担してくれます。しかし、会社も覚悟の上やっていることですし、入社して何年も会社は安い賃金しか払ってくれません(能力が追いついても給料は低いままというケースもしばしばある)。「恩義」の感覚を持つ必要はないのです。

転職活動をしたとき、あなたの能力を他社が高く評価したのなら、逆に「今の会社はあなたを過小評価している」ということでもあります。ならば義理を感じる必要もないわけです。

もちろん、転職は簡単な話ばかりではありません。転職活動をするにあたって、「今ないスキル」を売り込むことはできず、獲得済みのスキルのみで評価してもらわなければなりません。新卒採用より転職活動のほうが厳しい世界です。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
辞めない、という選択肢は大いにあり
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし