投資の大家に学ぶ 銀買い占めて破産したハント兄弟

貴金属の銀を買い占めて有名になった投資家の兄弟がいると聞いたことがあります。買い占めた理由や、その結果はどうなったのでしょうか。ヴェリーさん、教えてください。
マネーを呼ぶ「マネ~き(招き)猫」のヴェリーが、読者の疑問を解決します。

 ハント兄弟ですね。今回は「大家」ではなく、一瞬成功したかに見えたあだ花です。失敗に教訓を見いだしましょう。

 ハント家はもともと米国で石油会社を経営する富豪の一族でしたが、1970年代になるとインフレやドル安によって金融資産の価値が目減りするという事態に直面します。そこで兄のバンカー・ハント氏と弟のハーバート・ハント氏らが目を付けたのが、インフレに強く通貨としての側面もある貴金属の銀でした。

 79年から80年にかけて、ハント兄弟は米国の先物市場で猛烈な勢いで銀を買い占めました。79年春には1トロイオンス(約31グラム)10ドルに満たなかった銀相場は彼らの買い占めで市場での流通量が減った影響から急騰し、80年1月に50ドル台に到達します。ハント兄弟はこれで50億ドルともいわれる巨額の利益を稼ぎ出し、世界から脚光を浴びました。

 ところが取引所が先物取引の規制強化に乗り出したことで状況が一変します。取引が清算のみに制限されたのが響き、銀相場は高値からわずか2カ月で10ドル程度に急落しました。保有する銀の価値が暴落して資金繰りに行き詰まったハント兄弟は、その後破産に追い込まれます。相場操縦の疑いで米商品先物取引委員会(CFTC)からも告訴され、さんざんな目に遭いました。

 ハント兄弟は一時、米国の銀の6割を買い占めたともいわれています。大量のポジションを持つと、取引所の規制強化のような思わぬ出来事が起きたときに適切に対処できず、大きな打撃から逃れられなくなってしまいます。目の付け所がよくても、特定の資産に極端に偏って保有することの危険性を学び取ることができます。

[日経ヴェリタス2016年3月13日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし