エンタメ!

立川談笑、らくご「虎の穴」

国際社会のニッポン 上方落語で考えたら…  立川談笑

2014/8/27

上方(大阪)落語の中で好きな演目が『胴乱の幸助』です。主人公は脇目も振らず仕事一筋で財をなした幸助さん。町内の顔役ぶりを発揮すべく、街をパトロールして喧嘩を見つけては仲裁をして回ります。幸助さんの行動と、今の日本の姿とをつい見比べてしまうんですよねぇ……。

「待て待て、待てーい!わしを誰やと思てんのじゃい」

若い者を叱りつけ、料理屋で飲食させてやって仲直りさせる。

話としては、このおじさんのただ酒を目当てに喧嘩を装った若者二人を交えたひと悶着(もんちゃく)があって、さらなるトラブルを解決するべく幸助さんは旅立つという内容です。

高座に上がる落語家の立川談笑さん

ここに、なにがしかのヒントがあるような気がするんです。我々にとっての。「仲裁する能力」を私たちはもっと積極的に研究して身に付けるべきじゃないかと。そこで今回の話題はなんと、国際関係です。無茶かな?? 無茶だなあ。

普通はまず、国家が当事者として一方的に身を守るために備えるのが「防衛」です。これに関しては古今東西あらゆる国が用心を怠りません。そこでの「防衛」行為の多くは隣国の軍事的脅威に対しての自衛でしょうし、あるいは自国内の反乱分子から国を守ることだったり。

でも、これはとかく行き過ぎることがあるし、大義名分にされやすい。ほんの一歩違うと、「自衛の名を借りた侵略」になったり「国家維持をうたった少数民族虐待」になったりするところです。

ええと念のためですが。このあたり、一般論として話をしています。具体的な国家を指しての、反省でも非難でもありません。微妙なところですが、関係者の方々にご迷惑はかけたくないので。なまじっかな軽口はたたかないつもりで言えるところまで言ってみる所存です。(↑うあー、っと。ここまでチェック。…うん、大丈夫。かもww)

改めて話を戻します。

敵対する国家同士の横あいから、部外者として日本が割って入って仲裁する技術を備えたいとは思いませんか。

たとえば。

「おうおう、おう。待ちな待ちな。ここに仲裁に入ったこの俺が誰だと思ってやがる。よそさまの揉め事にしゃしゃり出るのもおこがましいが、国際渡世の義理だ。名乗ってやらあ。白地に赤く日の丸おっ立てて出張ってきたのは、ニッポンでいっ!」

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL