ジャズフェスの季節到来、東京お薦めライブスポット

新しいジャズの楽しみ方を提案する「Something Jazzy 女子のための新しいジャズガイド」の著者、島田奈央子さんによるジャズガイド。最近の話題やおすすめのアルバムを紹介します。
大物の来日も相次ぐ東京ジャズフェスティバル(2013年9月) 提供:東京JAZZ事務局

夏から秋にかけて、ジャズフェスティバルが全国各地で開催されます。「東京JAZZ」のように有名アーティストが顔をそろえるものから、アマチュアが出演するものまで、私が知る限りでも全国で20カ所以上。「阿佐谷ジャズストリート」や「金沢ジャズストリート」など、街を挙げて行われるものもあります。

街を歩いてライブ満喫

ジャズフェスの魅力は、なんといっても1日でいろいろなライブが観られること。国内外のアーティストが次々と登場し、ジャズフェスだけのスペシャルなコラボレーションも楽しめます。野外のストリートや広場などオープンスペースでライブを行っていたり、1日パスを購入すればエリア内を自由に見て回れたり。街を歩きながら青空の下でジャズを聴くなど気軽に楽しめます。

「東京JAZZ」は9月5~7日、東京駅周辺の東京国際フォーラムとコットンクラブを会場に開催。アーマッド・ジャマルやハービー・ハンコックら一流アーティストが顔をそろえます。世界で活躍する上原ひろみさんは最新アルバム「ALIVE」でもトリオを組むアンソニー・ジャクソンとサイモン・フィリップスとの共演に加え、ミシェル・カミロとのピアノバトルも披露予定。早々と売り切れたチケットもありますが、デンマークやスイス、南アフリカなど世界各国のアーティストが登場する国際フォーラム「地上広場」でのライブは無料で、どなたでも聴けます。日本からは、実験的な試みで知られる菊地成孔氏率いるペペ・トルメント・アスカラールや、超絶技巧で注目される女子高生ドラマー、川口千里さんらが出演。世代も国境もジャンルも超えた「東京JAZZ」ならではのプログラムを楽しんでください。

東京のジャズスポット、女性1人でも気軽に

東京には会社帰りや休日にライブを楽しめるお薦めのジャズスポットもいろいろあります。誰もが一度は訪れてみたいと思うのが、青山にある名門ジャズクラブ「ブルーノート東京」でしょう。

高級感漂うブルーノート東京だが、ライブの時にはアットホームな雰囲気も。提供:ブルーノート東京

ニューヨークの老舗ジャズクラブの姉妹店で、世界の一流アーティストが来日し、豪華なライブを披露しています。高級感のある会場ですが、アーティストが客席の後ろから登場したり、ステージも客席に近かったりと、ライブ中はアットホームな雰囲気も漂います。運が良ければ、退場時に握手ができることも。料理もカジュアルなものから、ゴージャスなフレンチまで予算に合わせて選べます。服装は基本的に自由ですが、平日は仕事帰りのスーツ姿の人も多く、ラフ過ぎると浮いてしまうかも。せっかくのライブですから、ちょっとおしゃれをしてテンションを上げるのもいいですね。

次のページ
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「ALIVE」