N
エンタメ!
歴史博士

選挙だけじゃない「12.14」 忠臣蔵の予算8300万円歴史豆知識

2014/12/14

歴史博士

毎年12月14日に赤穂市で行われる「義士祭」。今年は総選挙の投票日と重なった(赤穂市産業観光課提供)

きょう12月14日は総選挙の投開票日、だけではない。「赤穂浪士討ち入りの日」でもある。約310年前の1702年(元禄15年)に大石内蔵助ら旧赤穂藩士が吉良上野介義央を江戸屋敷に襲撃し、主君・浅野内匠頭長矩のカタキを取った。後に「忠臣蔵」として知られるこのあだ討ち事件は日本人の共感を幅広く集め、時代を超えて江戸期の歌舞伎から現代の小説、TVドラマに至るまでさまざまに語り受け継がれてきた。しかし物語ではない、史実としての赤穂討ち入りはどんな事件だったのか。最新の研究を追ってみた。

赤穂浪士討ち入り事件は1701年(元禄14年)3月、江戸城内で赤穂藩主・浅野内匠頭が遺恨を抱いていた吉良上野介に斬りかかったことが発端だ。負傷した上野介が一命を取り留める一方、内匠頭は即日切腹、赤穂藩も改易されお家断絶となった。武士社会では「けんか両成敗」が原則。この結果は赤穂藩士にも世間にも一方的で不公平に映った。旧藩士は浪人生活の困窮を耐え忍びながら筆頭家老・大石内蔵助を中心に47人が団結、約1年半後に宿敵・上野介を討ち果たした。市中で殺傷事件を起こした罪は大きいものの、旧主の無念を晴らした忠義の武士としての称賛の声も強かった。江戸幕府は武士の最高の名誉刑である「切腹」を命じたのが概要である。

運用した軍資金は約690両

ただ忠義心だけではあだ討ちは出来ない。何事にも資金が必要になってくる。山本博文・東大教授は「『忠臣蔵』の決算書」(新潮社)の中で大石内蔵助が残した軍資金の会計帳簿「預置候金銀請払帳」を分析。「赤穂藩改易から吉良邸討ち入りまでの経費は約697両」と算出した。それを賄ったのが赤穂城明け渡しの後に残った余剰金。内蔵助は赤穂藩の清算を手掛け、藩の借金を返済し藩士たちに退職金を払っても、なお約690両が残った。内蔵助はそれを手元に置き、その後約1年半の使途を正確にきめ細かく記載していた。最後に討ち入り当日に内匠頭夫人・瑤泉院に提出していたのである。

ライトアップされた赤穂城。浅野家は塩田の現金収入があり石高以上に裕福だった(赤穂市産業観光課提供)

山本教授は現代の貨幣価値に直して約8300万円だと計算している。そば1杯の値段が江戸期を通じて16文とほぼ変わらなかったのに注目。現在は約480円としてみて1文=30円とする「そば指数」を定めた。銀1匁は約2千円、金1両=約12万円として算出した。軍資金は約691両(約8300万円)、支出は合計約697両(約8360万円)だった。約7両の不足分は内蔵助が立て替えたという。

内訳をみると一番多いのが江戸~関西の旅行・滞在費。片道約3両支出していたという。江戸の急進派と関西の穏健派との意思統一をはかるための交流や会議にもお金が使われた。亡君・内匠頭の石塔建立や山の寄進にも100両以上使った。浅野家再興のためには5代将軍・綱吉に近い護持院隆光らに接近していた。飛脚などの通信費も必要だった。

エンタメ!連載記事一覧