N
アート&レビュー
クローズアップ

ハローキティ、40周年 進化するアイドル3代目デザイナー、山口裕子さん

2014/10/17

クローズアップ

11月1日は「ハローキティ」の誕生日だ。1974年に生まれたキティは今年で40周年。私はこの日を、記念イベントが行われる米ロサンゼルス現代美術館で、世界中のファンたちとともに過ごす予定だ。

入社2年でデザイナー

私がキティの3代目デザイナーについたのは1980年。美大を出てサンリオに入社してまだ2年目のことだった。

キティの男性向けブランド立ち上げ発表イベントで、トークショーに出演する筆者(中央)

キティの2代目デザイナーが退社した後、後任はなかなか決まらなかった。当時のキティは売れていなかった。正直に言えば、私もなりたくなかった。社内のデザイナーたちが「新しいキティ」を考えてプレゼンすることになり、私のものが認められた。こうして、私はキティを任された。

キティはどうしたらみんなのアイドルになれるのか。ある日思いついた。新人のアイドル歌手のようにサイン会をしよう。毎週のように、週末はショップに出かけてキティの絵を描いた。お客さんたちに、キティの好きなところ、嫌いなところを聞いた。勤務外の自主的な行動だ。

「冷たい感じがする」と言われて、キティの黒いアウトラインを外してみた。「いつも同じ服」とマンネリ化を指摘されると、定番の青のオーバーオールを脱ぎ捨て、はやっていたテニスルックを着せてみた。こうした工夫の成果か、キティは85年にサンリオ一のキャラクターに成長した。

年40回ほどのサイン会は今も続けている。現在のキティは欧米のセレブたちにも人気で、海外のイベントに呼ばれることも増えた。これまでに行ったサイン会は、千回をゆうに超える。

キティにはその時々の流行を積極的に取り入れてきた。「十年一昔」と言われるが、時代の流れの速い今は「五年一昔」。今はナンセンスなものでも、5年後には違うかもしれない。だから、「これはキティに絶対合わない」なんてことは言わないようにしている。

口だけはもう描かない

ただ初のアニメ化の際、キティの口を描いたのは失敗だった。「こんなのキティじゃない」と皆さんから相当言われた。口だけは、もう絶対に描かないと決めている。

最近のキティは黒柳徹子さんや、ホラー映画「リング」の登場人物「貞子」などといろいろなコラボをしている。ちまたでは「仕事を選ばない」なんて言われているらしい。

注目記事
次のページ
男性向けブランド挑戦