「壁」破り、シリコンバレーで起業する日本女性たち

理系の若い男性が多く「ボーイズ・クラブ」と呼ばれるハイテクの聖地、米シリコンバレー。女性は少数派で、日本人はさらに少ない。そこで壁を乗り越えて輝く日本人の女性起業家が登場している。
「一歩後ろに下がっていると負ける」 「ネスト」技術担当副社長の松岡陽子さん

スタンフォード大学から車で5分。低層の建物が立ち並ぶパロアルト市内に、「ヨーキー」こと松岡陽子さん(43)が技術担当副社長を務めるネスト・ラボはある。ネストは住人の行動パターンを学習して自動的に室内を適温に保つサーモスタットなど、人工知能(AI)を駆使したハイテク住設機器を開発する。今年1月、インターネット検索最大手の米グーグルが32億ドルで買収し、注目を集めた。

ロボットと神経科学の専門家としてマサチューセッツ工科大学(MIT)やカーネギー・メロン大学などで研究を重ねた松岡さんがネストに加わったのは、同社が創業した2010年。カーネギー・メロン時代の教え子だった創業者に誘われたのがきっかけだった。

プロのテニス選手を目指して16歳で渡米。だが、けがが絶えず断念する。代わりに「世界一」を目指せるものを探していて、思いついたのが「自分と一緒にテニスをしてくれるロボットを作ること」だった。

小さい頃から数学が得意で物理学にも興味があった松岡さんは、カリフォルニア大学バークレー校からMITの大学院に進み、博士号を取得。07年には「天才賞」として知られる「マッカーサー・フェローシップ」を受賞する。グーグルにも一時在籍し、自動運転車の開発などで有名なグーグルの研究開発組織「グーグルX」の創設にかかわった。

小さい頃は「失敗が怖くて動けないタイプ」だったが、米国に来て「やりたいことがあれば、とにかくやってみる」ようになったという。「日本で生まれ育ったため、女性の自己主張が強いのはよくないという考え方がどこかにある。でも、ここでは一歩後ろに下がっていると負けてしまう」と松岡さん。「女性の声が届きにくいからこそ、声を上げる必要がある」と話す。

イノベーションで世界をリードするシリコンバレーは何事も先進的なイメージが強いが、女性の活躍は遅れている。フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)や、ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)のようなサクセスストーリーは実は例外的だ。

<お詫び・訂正>
11日公開の記事で「堀江愛理さん」とあったのは「堀江愛利さん」の誤りでした。
 (2014/10/11 19:48)
注目記事