お受験、習い事… 今どきはパパ主導が当たり前?

教育ママといわれるように、子どもの受験はどちらかといえば母親のテリトリーと思われてきた。ところが昨今、熱心に取り組む父親が目立ってきた。母親に偏りがちな子育てを分かち合うと言えばわかりやすいが、思いはそれだけにとどまらないようだ。受験パパたちのココロは……。

「部活に行ってくるよ」。慶応義塾普通部(中学)に今春入学し、部活動を楽しむ息子。後ろ姿を見送りながら、阿部泰士さん(41)は父子で勉強に取り組んだ昨年の受験シーズンを思い出す。

ネット広告会社を営む阿部さん自身も中学受験を経験。「入った学校で一生の仲間ができた。息子にも同じ喜びを味わってもらいたい」と中学受験を勧めた。下の子供の世話で忙しい妻に代わり、自ら勉強の指導役も買って出た。

息子がスランプに陥った小6の夏、阿部さんは集中力欠如が原因とみて「30分学習セット」という勉強法を編み出した。25分間は何があっても机から離れず勉強する。その後5分の休憩を加えた30分を1セットとし、集中して勉強する癖を身に付けさせるためだ。

当然、阿部さんはつきっきり。問題も解くので負担は軽くない。それでも一時期は1日20セット(10時間)をこなしたという。かいあって息子はスランプを脱出。二人三脚で挑んだ受験は、第1志望校の合格という最高の結果を得た。

◇       ◇

阿部家のように父親主導で中学受験に取り組む家庭は、もはや普通のようだ。東京ガス都市生活研究所の2013年の調査によると、子の中学受験期に勉強を見ている父親は56%。高校受験期でも37%に上った。中学受験塾「SAPIX」も、10年前は保護者面談に来る父親はほぼ皆無だったが「今は3割ほどの家庭が夫婦で来る」。

小学校受験でも父親の存在感は増している。桐朋学園小学校(東京都国立市)の来春の入学希望者向け説明会にはスーツ姿の父親が多数いた。運営を手伝った卒業生の男性(29)は「校風や授業内容について父親たちから質問攻めにあった」と驚く。

なぜ、ここまで父親が関わるのか。東京ガス都市生活研究所の主幹研究員、青柳恵子さんは、子育てに積極的にかかわる父親の増加が背景とみる。「子の成長に伴い勉強や受験のサポートをするのは自然な流れ」(青柳さん)。少子化で子育ての機会が減ったことが大きい、とみるのは湘南学園小学校(神奈川県藤沢市)の河本洋子教頭。「子育てに熱心な父親ほど受験も貴重な機会と考える」と話す。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧