「元イクメン、現イクジイ」の綱渡り育児斎藤敏一ルネサンス会長Wの未来 俺に任せろ

「イクメン」という言葉がなかった昭和の時代。スポーツクラブ大手ルネサンスの斎藤敏一・代表取締役会長(70)は、看護師の妻と共働き家庭を築き、4人の子供を育てあげた。現在は経済同友会の幹事を務める傍ら、孫育てにも忙しい。上場企業トップには珍しい「元イクメン、現イクジイ」の斎藤さんに男性が育児を担う効用を聞いた。
斎藤敏一 ルネサンス会長

――孫の世話を時々しているそうだが。

「小学6年から幼児まで8人いる孫のうち、日本で暮らす7人の育児を妻と手伝っている。レストランを経営し休日も働いている長女の子供3人を預かることが多い。公園で遊ばせたりレスリングごっこにつきあったり。自分も育児をしてきたので孫の世話は楽しい」

――時代を考えると、大手企業のトップで共働きは珍しいのでは。

「妻は看護師だった。勉強をして資格を得たのだから、働かない選択肢はなかった。妻は仕事にやりがいを感じていたし、私も妻が仕事を続けるのは当然だと思ってきた。入社後、スイスに留学し、現地では働く女性が多くいた。自分の妻が働くのも当たり前だと自然に思うようになった」

――共働き家庭の育児の支援策も整っていない時代。大変だったのでは。

「保育園への送りは毎朝、私が担当した。苦手な料理以外はすべて分担した。朝の着替えや夜の風呂入れ、掃除など。社内ベンチャーとしてルネサンスの前身を立ち上げたときは多忙で、第三者の手も借りた」

「毎日綱渡りだったが、充実していた。妻と2人で乗り切ったことがいい思い出になっている。4人の子供たちもみな共働き志向が強く、私たち夫婦がやってきたことを継承しているようだ」

――父親、祖父が子育てを支えるメリットは。

「一緒に育児を担っていけば、女性は時間ができ、社会に出ていける。祖父も孫とふれあうことで育児への抵抗感がなくなる」

「女性が働くことに偏見や抵抗感を抱かない男性も増えるだろう。ルネサンスは上場企業の中で、会社法上の役員に就く女性が3人以上いる数少ない企業だ。私自身が女性が働くことはごく自然なことだと思っており、これは働き続けてきた妻のおかげでもある」

(聞き手は編集委員、武類祥子)

さいとう・としかず 1967年京都大学工学部卒、大日本インキ化学工業(現DIC)入社。スイス連邦工業大学留学。79年、社内ベンチャーでルネサンスの前身を立ち上げる。92年社長、2008年から現職。