エンタメ!

ブック、おススメの1冊

アーサーとジョージ ジュリアン・バーンズ著 人気作家と弁護士 史実生かす

2016/4/10付 日本経済新聞 朝刊

アーサーとはアーサー・コナン・ドイルのことで、シャーロック・ホームズの生みの親。言うまでもなく、実在した人物だ。

(真野泰・山崎暁子訳、中央公論新社・3000円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

ジョージとはジョージ・エイダルジのことで、こちらも実在した事務弁護士だが、アーサーと比べたら、ほぼ無名だろう。

もっとも、ホームズの、というかアーサーの熱心なファンなら、その存在を知っているかもしれない。

ジョージは父がインド系のイングランド人で、風貌はいかにもインド人だったが、ほぼそのせいで、つまり人種的偏見ゆえに、家畜の連続殺害の犯人とされて投獄されたのだが、それを冤罪(えんざい)であるとして告発して世論をにぎわしたのがアーサーだったのだから。

本書は、そんなふたりの出会いを描いたノンフィクション・ノヴェルで、ジョージに不当な罪がでっちあげられていく過程や、アーサーがジョージの無実を証明しようとしてそれこそ探偵のように動きまわる姿は、かなりスリリングでおおいに読ませ、一級の冤罪物のミステリーになっている。

しかし、おもしろさはそれだけにとどまらない。むしろ、それは豪華な附録(ふろく)みたいなもので、ふたりが出会うまでの、アーサーとジョージの描きかたがじつに秀逸で、引きこまれる。

ふたりは対照的なのだ。

アーサーは大柄でスポーツ万能で、ホームズで大人気の有名人の野心家で、そして、すごいマザコンである。「かあさま」と訳されているが、母親の不動の存在感をどしりと伝えるみごとな訳語である。

いっぽう、ジョージは小柄で、勉強熱心なスポーツ音痴で、目立つのは苦手で、そして、すごいファザコンである。父親は司祭だが、作者の書きかたがうまく、不気味なまでに存在感がある。

そんなふたりを、作者は交互に書いていく。子ども時代から追っていくので、ふたりの生い立ちをきちんとつかまえたふたつの伝記が展開されていくかっこうだが、ふたりのそれぞれに複雑な人物像を、作者はみごとにくっきりと立ち上げていく。

アーサーの愛妻は結核で長く臥(ふ)せっていて、その間にアーサーには若い愛人ができる。愛妻が亡くなると、愛人との再婚を考えるが、踏み切れない。すでに作家として名声を得ていたアーサーだからこそか、迷う。そこに、見ず知らずのジョージから、救ってほしいという手紙が届く。がぜん、再婚に向かう元気がでる。

実在の手紙等はそのままつかっているというから、作者の芸は手がこんでいる。

(翻訳家 青山 南)

[日本経済新聞朝刊2016年4月10日付]

アーサーとジョージ

著者 : ジュリアン・バーンズ
出版 : 中央公論新社
価格 : 3,240円 (税込み)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL