エンタメ!

ブック、おススメの1冊

外道クライマー 宮城公博著 命をかけた沢登りの冒険

2016/4/9 日本経済新聞 夕刊

(集英社インターナショナル・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

人跡未踏の地図の空白部をめざす。藪(やぶ)を掻(か)き分け、岩壁の底に身を凍らせ、垂直の滝を下から攻める。虫に襲われ、水に流され溺れ、石が降ってくる。

自称、沢ヤ。牧歌の響きもなくはない「沢登り」にまさに命をかける。富山県の称名廊下、タイのジャングル、台湾の巨大渓谷をめぐる冒険記である。

透き通った功名心、生と死の境界への欲求、独善と対をなす邪気なき反骨。沢ヤの心象を描けるのは文章家の沢ヤだけだ。豪胆で細心な一線クライマーの筆致は軽妙にして深く鋭い。

4年前に御神体の那智の滝に登り逮捕された顛(てん)末(まつ)も明かされる。冒険者は人間の前に人類でありたい。でも社会は社会だ。その溝の深浅は本書のひとつの主題である。

★★★★

(スポーツライター 藤島大)

[日本経済新聞夕刊2016年4月7日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

外道クライマー

著者 : 宮城 公博
出版 : 集英社インターナショナル
価格 : 1,728円 (税込み)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL