眩 朝井まかて著北斎の娘、天才絵師の半生

(新潮社・1700円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

内容も完璧、装幀(そうてい)も完璧、さらには惹句(じゃっく)までも完璧な作品をどう批評したらよいのだろうか。

主人公は葛飾北斎の娘の女絵師・応為。物語は彼女の半生を描いたもので、「この世は、円と線でできている」という北斎のことばからはじまり、その北斎も没し、「この一本(の筆)はわかっていたのだろうかと、手の中を見た。まるで、おいらもつれてっとくれと言わぬばかりにお栄(応為)を呼んだのだ。/さあ、行くよと、お栄は光る草の中を踏み出した。/また、夏が始まる。」で閉じられる応為の光と影の小宇宙を、作者はこれまでの芸道ものとはまったく違う手法で描き上げた。

レンブラントの「夜警」に優(まさ)るとも劣らない、天才応為の画業に迫った傑作。

★★★★★

(文芸評論家 縄田一男)

[日本経済新聞夕刊2016年4月7日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

著者 : 朝井 まかて
出版 : 新潮社
価格 : 1,836円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧