N
アート&レビュー
ブックレビュー

イタリア現代史 伊藤武著日本と似た政治の歩みを詳述

2016/3/16

ブックレビュー

イタリアの料理や美術の日本での人気は高いが、イタリア政治への関心は低く、イメージも混乱気味のようだ。マフィア、テロ、慢性的汚職など断片的な情報を持つ人はいるだろうが、イタリア政治について骨太なイメージを有するのは専門家以外には少ないのが実情だろう。本格的な入門書がなかったこともその一因と思われる。

(中公新書・900円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

本書は、この30年ほどの間に急速に進展したイタリア政治研究の成果を踏まえて、戦後政治の現時点までの大筋をわかりやすくかつ詳細に描いた通史であり、イタリア政治に関心を持つ者にとって必須のガイドと思われる。本書を通じて、イタリアと日本の政治を比較する視点も得られるだろう。著者も、両者には「奇妙なほど似ている点がある」と述べている。

実は戦後イタリア政治は、自民党と対比されるキリスト教民主党を万年与党とする政権交代のない(同じ政党による連立の組み替えだけは頻繁にある)閉塞した民主主義という点で日本の戦後政治と根本的な共通点をもつ。冷戦終結後、1993年の小選挙区制導入をテコとして「二大勢力による政権交代のある民主主義」をめざす政治改革が推進されたのも共通である。政権交代という最小限の目的は達成されたものの、二大勢力がなかなか確立せずに依然として混迷状態にある現状も、残念ながら「奇妙なほど似ている」。

本書は、戦後イタリア政治の大筋を高い水準で描いているという点に加えて、数多くの政治家たちを経歴や具体的行動を含めて生き生きと描いている点に特徴がある。

キリスト教民主党のデ・ガスペリ、モーロ、アンドレオッティ、デ・ミータ、共産党(現・民主党)のトリアッティ、ナポリターノ、社会党のクラクシ、アマート、経済専門家出身のプローディ、モンティ、北部同盟のボッシなど多士済々である。因(ちな)みに、イタリアの政治学者カリーゼは、がんばれイタリアのベルルスコーニ、五つ星運動を率いる元人気コメディアンのグリッロ、フィレンツェ市長から39歳で史上最年少首相になった民主党のレンツィら特定のリーダーによる「パーソナル・パーティ」が現代政治の特徴だという理論を提唱する。

ただ、多様なキャリアの野心の強いリーダーが次々に登場して政治の閉塞を打破していくイタリアの激しいダイナミズムと比べると、停滞する日本政治においてリーダー人材の乏しさを痛感せざるをえない。日本もまた、出る杭(くい)を打たない政治文化に転換すべきではないかと考えさせられる。

(名古屋大学教授 後 房雄)

[日本経済新聞朝刊2016年3月13日付]

イタリア現代史 - 第二次世界大戦からベルルスコーニ後まで (中公新書)

著者 : 伊藤 武
出版 : 中央公論新社
価格 : 972円 (税込み)

注目記事