アート&レビュー

ブックレビュー

戦国の陣形 乃至政彦著 陣がまえの意外な史実

2016/3/10付 日本経済新聞 夕刊

(講談社現代新書・760円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

12世紀の源平合戦を、つぎのように語ることがある。某(なにがし)は陣形を「魚鱗(ぎょりん)」にかまえたが、某はこれに「鶴翼」の陣でむきあった、と。しかし、当時の戦(いくさ)に自軍の陣がまえをととのえる発想はない。武将がそういうことに気をくばりだしたのは、もっとあとになってから。ようやく、16世紀の戦国期から浮かびあがりだした現象である。

乱世の革命児と目される織田信長が、その新機軸をうちだしたと思われようか。しかし、そうではない。新しい軍隊行動は、武田信玄とむきあったある国人領主が、ひねりだした。それをとりいれた上杉謙信によって、みがきあげられたのだという。

『甲陽軍鑑』から読みとれる意外な茶目(ちゃめ)っ気の指摘には、笑わされた。

★★★★★

(風俗史家 井上章一)

[日本経済新聞夕刊2016年3月10日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

戦国の陣形 (講談社現代新書)

著者 : 乃至 政彦
出版 : 講談社
価格 : 821円 (税込み)

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL