中国の全人代、何をするの?

北京の人民大会堂
北京の人民大会堂
イチ子お姉さん 中国で全人代が開幕するわ。日本の国会のようなものよ。今回は、2020年までの五カ年計画を決めるのが目玉よ。
からすけ 全人代? 初めて聞く言葉だよ。どこでどんなふうに開かれているのかな。日本の国会みたいに、何カ月も話し合いをするの?

2020年までの国の方針決定

イチ子 全人代の正式名称は「全国人民代表大会」。中国の憲法で、国の最高権力機関と定めているの。約3000人の人民代表が年に1回、北京の人民大会堂に集まるわ。例年、3月中におよそ2週間、開かれることが多いの。

からすけ メンバーは?

イチ子 中国の各省や自治区、北京や上海など直轄(ちょっかつ)市の地方人民代表や軍人から選ばれるの。一般の人が直接選ぶことはできなくて、中国共産党が推薦した人がメンバーになることが多いわ。任期は5年よ。

からすけ 全人代は具体的に何をするの?

イチ子 憲法の改正や法律の制定に関わるの。国家主席や副主席、首相など重要なポストは全人代が任命するわ。首相が活動報告をしたり、予算案について話し合ったりもするの。

からすけ 日本の国会よりも期間が短いね。

イチ子 閉会中は、全人代の常務委員会が、細かな決定や仕事をするの。トップの委員長は共産党で序列の高い人がなるわ。

からすけ 全人代と共産党はどんな関係なの?

イチ子 「一党支配」って言葉、聞いたことあるかしら。中国は共産党を「中国を指導する政党」と決めていて、全人代も共産党の指導下にあるの。だから、全人代では共産党の方針を受け入れることがほとんど。はんこを押すだけという意味で「ゴム印会議」などと呼ばれてきたわ。

<キーワード>
共産党大会 共産党の重要問題を話し合う最高機関。原則として5年に1度開かれる。正式名称は全国代表大会。
五カ年計画 中国の経済や政治の方針を決める中期計画。5年に1度、全人代で正式に採択する。

からすけ 共産党大会(キーワード)というのも聞いたことがあるけれど、全人代とはどう違うの?

イチ子 共産党大会は、共産党の体制を決める最高機関でメンバーは約2000人。5年に1回だけ開くの。直近の2012年には、党のトップの総書記に習近平さんを選んだわ。

からすけ 大事な大会なんだね。

イチ子 そう。それ以外の時は、中央委員会という組織が重要な役割を果たすの。中央委員会のメンバーは205人。さらにその上に中央政治局(25人)、常務委員会(7人)、総書記(1人)がいて、順に権力が大きくなるの。

からすけ 上下関係がはっきりしているんだ。

イチ子 共産党の常務委員会は実質的な国の最高指導部のような役割で、強い力を持っていて、法律を変えたり、条約を認めたりもできるの。

からすけ 総書記の習近平さんは国家主席でもあるよね。

イチ子 ええ。国のトップの国家主席は、江沢民氏が国家主席の時(1993~2003年)から党の総書記と兼任(けんにん)しているわ。

定年延長などで成長維持

からすけ 今年の全人代は何か目玉がある?

イチ子 2016年から2020年までの五カ年計画(キーワード)を決めるの。昨秋に共産党がまとめた草案では、経済成長や労働力確保の方針が出たわ。

からすけ どんな内容?

イチ子 まず経済成長では、2020年までに国内総生産(GDP)や1人当たりの国民所得を2010年より倍増させるの。年に6.5%以上の経済成長が必要よ。ただ、昨年の成長率は6.9%で、25年ぶりの低さと騒(さわ)がれたわ。これまで2ケタ成長が当たり前だった中国も最近は景気が減速気味なので、実現できるかは未知数ね。

からすけ ほかには?

イチ子 中国は今後、急速に高齢化するので労働力を確保するの。長く続けてきた「一人っ子政策」の廃止がその一つ。夫婦が持てる子どもを2人までにしたの。3人目以降は厳しく制限し続けるけれどね。定年の延長もするの。今は男性は60歳、女性は50歳までしか働けないのだけれど、順次引き上げる方針よ。

からすけ 働ける人を増やしたいんだね。

イチ子 今年の全人代では五カ年計画を達成するための、具体的な数値目標などが発表されるとみられているの。中国の動向は日本だけでなく世界にも大きな影響(えいきょう)があるから、国際的にも注目されているわ。

■理想の人物像がいるか

東京都立桜修館中等教育学校の荒川美奈子先生の話 紀元前770年から約500年間、中国は多くの諸侯(しょこう)が覇権(はけん)を競う春秋戦国時代を迎(むか)えます。諸侯たちは自国の存続のために、外交や民衆統治などの指針を与えてくれる人材を必要としていました。
そこで登場したのが諸子百家と呼ばれる思想家たちです。その一人に孟子がいます。人は生まれながら善の素質があるという性善説をとなえ、善の素質を育てれば徳が身につき、王が徳に基づく民衆を慈(いつく)しむ仁政を行えば、安定した統治を行うことができる、これが王道政治であると説きました。
孟子は、徳を実践しようとする意志を持ち、何事にも動じない心を備えた人物を「大丈夫」と呼び、理想の人物像としました。現代の中国の政治家に、大丈夫はどのくらいいるのでしょうか。そんな視点で全人代に注目するのも面白いかもしれません。
今週のニュースなテストの答え 問1=維新の党、問2=6

[日経プラスワン2016年3月5日付]