エンタメ!

映画セレクション

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 夫婦の年輪、人生の味わい

2016/1/29付 日本経済新聞 夕刊

家には住む人の人生が表れる。裕福か貧乏かだけではなくて、その人が何を大事にして生きてきたのか、ということまで映し出す。

ブルックリンに住む黒人画家アレックス(モーガン・フリーマン)と白人の妻ルース(ダイアン・キートン)は引っ越しを考えている。結婚以来40年住んだアパートは快適で眺望抜群だがエレベーターがない。年老いた夫に階段はつらい。

住み始めた頃は辺ぴな所だったが、今はおしゃれな街に変貌。価格は百万ドル近いという。ルースの姪(めい)の不動産仲介業者リリーは夫婦をせき立て、内覧会を開く。

折しもマンハッタンとブルックリンを結ぶ橋でタンクローリーが立ち往生。イスラム圏出身の運転手が失踪し、爆弾テロを疑う警察は厳戒態勢を敷く。人々はテレビにくぎ付けとなる。

不動産を売るには最悪のタイミングだが、リリーは強気だ。内覧会にはニューヨークらしい多種多様な客が集まった。「市場は闘い」と言うリリーは入札者を競わせ、価格をつり上げる。

ルースたちはマンハッタンで見つけた転居先の物件が気に入り、小切手をもって売り主を訪ねる。ところが若い売り主は売値に不満げで、テレビに映る逮捕された運転手を罵倒する。するとアレックスは……。

40年前に周囲の反対を押し切って結婚した老夫婦には「私たちは自由に生きてきた」との自負がある。それなのに金の亡者のような若い世代に振り回されている。テロの空騒ぎで偏見をむき出しにするあの連中と同類にはなりたくない。

よき時代を生きたリベラルな老夫婦が現実主義の世代に違和感を抱き、逆襲する。それが小気味よい。図式的ではあるが、フリーマンとキートン演じる二人が知的で偉ぶらず仲むつまじいのが説得力となる。夫婦の年輪が人生を味わうことの大切さを教えてくれる。リチャード・ロンクレイン監督。1時間32分。

★★★

(編集委員 古賀重樹)

[日本経済新聞夕刊2016年1月29日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL