なぜ国々は戦争をするのか(上・下) ジョン・G・ストウシンガー著開戦の過程 指導者軸に分析

この本には、タイトルと内容との間に若干のズレがあるかもしれない。国ぐにが「なぜ」戦争をするのか、というよりも、「どのようにして」戦争を始め、拡大し、長期化させてしまうのか、に本書の重点があるからである。

(比較戦争史研究会訳、国書刊行会・各2500円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

著者の結論も、やや陳腐な印象を与えるかもしれない。戦争の勃発にはそれを始めた指導者たちの性格に決定的な重要性があり、彼らの誤認識(ミスパーセプション)が最も決定的な要因である、と著者は結論づけている。たしかに、戦争を始めた直接の要因はそうかもしれない。でも、戦争に至る複雑な過程を考えると、指導者の性格や誤認識が決定的であったと言えるかどうか、疑問の余地があるだろう。

そうした疑問をいだきながらも、本書を通読してみると、著者の結論に、つい説得されてしまう。それは、著者が取り上げた事例の選択に、理由の一部がある。第1次世界大戦、独ソ戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争、ユーゴ内戦、印パ戦争、中東戦争、イラン・イラク戦争と湾岸戦争、イラク戦争>、といった本書の事例では、例えばヒトラー、ミロシェヴィッチ、フセイン、ブッシュ(子)という指導者の性格がきわめて大きな役割を果たした。

だが、本書に説得力があるのは、事例の選択だけに理由があるのではない。各事例の描き方が、まことにドラマティックで、迫力満点だからである。どのようにして戦争が始まり、拡大し、長期化したのか、実証的に、かつ綿密に、そしてダイナミックに描写され分析されている。

論旨明快、しかも著者の国連で勤務した経験と長年の研究とに裏付けられた主張が、よどみなく展開されている。そうした迫力や主張は、第2次世界大戦下でユダヤ難民として苦難の道を歩いた著者の体験にも由来しているのだろう。その意味で読者には、著者の体験を語る「エピローグ」から読み始めることを勧めたい。

戦争勃発の決定的要因が指導者の誤認識にある、という著者の結論はやや陳腐かもしれないと先に述べた。実はこの結論には、歴史は何らかの必然ではなく、過去の戦争も不可避だったわけではない、歴史は人間の自由意思によってつくられるものなのだ、という著者の力強いメッセージが込められている。

翻訳は、おおむねこなれた日本語で、読みやすい。監訳者の労を多としたい。ただ、下巻の一部の章に誤訳らしきものが散見され、それだけが残念である。

(帝京大学教授 戸部 良一)

[日本経済新聞朝刊2016年1月17日付]

なぜ国々は戦争をするのか 上

著者 : ジョン・G・ストウシンガー
出版 : 国書刊行会
価格 : 2,700円 (税込み)

注目記事
今こそ始める学び特集