アート&レビュー

ブックレビュー

ミレニアム4(上・下) ダヴィド・ラーゲルクランツ著 ヒロインの鮮やかな「転生」

2016/1/14付 日本経済新聞 夕刊

(ヘレンハルメ美穂、羽根由訳、早川書房・各1500円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

作者死すとも、作品の主人公は何度でも蘇(よみがえ)る。あのドラゴン・タトゥーの女が帰ってきた。転生のスピードにびっくり。

『ミレニアム』3部作がブレイクした数年前、作者はすでに故人だった。没後10年と少しで、早くも続編の登場である。それにしても、よくぞ原作者のスタイルを踏襲した。「転生」の鮮やかさに2度びっくり。

世界最強・最凶のハッカー、性的虐待からのサバイバー。彼女が復讐(ふくしゅう)を果たし、3部作は完結した。ヒロインを再び引きよせる事件とは? 善人ながら影の薄い良識ジャーナリストとのコンビはどう復活するのか。

3部作のファンにも、未読の人にも、太鼓判の続編だ。

それにしても、この女、強すぎる。

★★★★

(評論家 野崎六助)

[日本経済新聞夕刊2016年1月14日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)

著者 : ダヴィド ラーゲルクランツ
出版 : 早川書房
価格 : 1,620円 (税込み)

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL