アート&レビュー

ブックレビュー

ウォール街のアルゴリズム戦争 スコット・パタースン著 人工知能も登場、米株取引の実相

2016/1/10付 日本経済新聞 朝刊

米国や日本など主要国での株式売買は現在、コンピューターによる電子取引として実行されている。売買注文には引き続き価格・時間優先の原則が適用され、同じ値段なら1秒でも速い注文が優先される。株式市場は今や時間が勝敗を決する世界だ。株式取引の高速化といえば光ファイバー網の直線的な敷設や取引所コンピューターの隣に自社のサーバーを置くコロケーションなどが想起される。本書で議論されるのは、そうした物理的な時間短縮の動きではない。

(永野直美訳、日経BP社・2400円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

主たる話題の第1は、取引所が売買注文の対当・執行のために採用するコンピューター・アルゴリズムの発展。第2は、人工知能を利用したアルゴリズム取引の台頭。第3は、そうした取引の進展が株価形成、投資家の収益に及ぼす効果を論じること。これらを強調するべく、アルゴリズム戦争という言葉が書名に付されている。

株式売買で利益を得るには、誰よりも早く情報を入手し、早くかつ安く売買を執行する必要がある。投資情報面での優位性を利用しえなくなるなか、新たな利益確保の手段として登場したのが超高速取引であった。収益の源泉は機関投資家の逸失利益であり、その隆盛自体、手放しで評価はできない。

超高速取引も桃源郷ではなかった。普及とともに収益機会は減少に転じた。残された道は取引所のコンピュータープログラムの特性を踏まえ、自らの売買注文が取引の待ち行列の一番前に出るよう発注プログラムを工夫することであった。株式取引の電子化が行き着いた先の一つは、プログラマーが生殺与奪権を握る世界であった。市場の効率性は向上したが、アルゴリズムに組み込まれたフィードバック・ループが暴走して「フラッシュ・クラッシュ」という価格の暴落を招くこともありうる。

もう一つの世界は投資判断に人工知能を利用したアルゴリズム取引である。リーマン・ショック直後、誰もが株式市況の回復を考えていなかった2009年2月、人工知能は買い場と判断し、積極的に株式を買い増し、利益獲得に大きく寄与した。

これが著者の見立てによる米国株式市場の実相であり、取引はプログラマーと人工知能が支配する世界に化したとされる。本書では、こうした株式市場の構造変化を促した天才プログラマーたちによるアルゴリズム開発競争や株式市場への挑戦を軸として、取引の変貌が物語風に生き生きと描かれている。株式市場のありようについて深く考えさせる本である。

(同志社大学教授 鹿野 嘉昭)

[日本経済新聞朝刊2016年1月10日付]

ウォール街のアルゴリズム戦争

著者 : スコット・パタースン(Scott Patterson)
出版 : 日経BP社
価格 : 2,592円 (税込み)

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL