歌舞伎座1月公演華やかに重鎮・中堅揃う

重鎮・中堅から華やかな顔ぶれを揃(そろ)えた歌舞伎座の正月だが、次代への新たな胎動も感じ取れる。幾度となく演じてきた吉右衛門の「石切梶原」は熟成の極み。抜かりなく心を配った一挙手一投足が力みのない自然体に見えるのは凄(すご)いという他はない。雀右衛門襲名を前にした芝雀の梢(こずえ)は娘役の博士論文を書き上げた趣(おもむ)き。歌六の六郎太夫、又五郎の大庭に加え歌昇の俣野が大健闘。早くも今年度三傑の有力候補の「石切」だ。

幸四郎がすっかり大きくなった孫金太郎の秀頼を守り抜く「二条城の清正」は清正が乗り移ったよう。これも歌舞伎鑑賞の愉(たの)しみの内、親ならぬおじいちゃんばかとは言うまい。それもこれも金太郎の秀頼があればこそだ。左団次の家康、魁春の大政所、新歌舞伎演技の規範のよう。

玉三郎が松羽目舞踊の「茨木」で松緑、上方の粋「廓(くるわ)文章」で鴈治郎と中堅どころを相手に鬼の老女とたおやかな傾城を演じ分ける。松緑の渡辺綱に祖父先々代の役者ぶりがほの見え、鴈治郎の伊左衛門は一年前の襲名の時よりはるかに自然体。上村吉弥のおきさがいい。

いわば大関目前の橋之助と染五郎がそれぞれ充実した仕事ぶりを見せるのも新たな潮流を思わせる。「義経千本桜 鳥居前」の橋之助の源九郎狐(ぎつね)の大らかな役者ぶり。甲の声がきれいに出るようになったのも成長の一表徴だ。

甘い二枚目の印象の強い染五郎が苦味走った江戸の粋のような直侍を高レベルで演じ切る。芝雀の名で有終の美を飾る三千歳、東蔵の丈賀は一級品。丑松に抜てきされた吉之助の健闘、抜てきした側の見識、共に見事。昼夜の開幕の「廓三番叟(さんばそう)」「猩々(しょうじょう)」は上等のお屠蘇(とそ)。26日まで。

(演劇評論家 上村 以和於)

注目記事
今こそ始める学び特集