生ゴミのにおいを断つお役立ちグッズ

キッチンの生ゴミ処理に三角コーナーを使っている人にお薦めの商品がある。オークス(新潟県三条市)の、「パコン!としまるごみ袋ホルダー」だ。6月の発売以降、約半年で11万3千個が売れたという。

見た目はシンクのコーナー部分に沿うように丸くカーブした細長いプラスチック板。板の後ろ側には、吸盤が3つ付いており、ピタッと取り付けられる。板部分は2枚重ねになっていて、手前のつまみを引っ張ると、上の部分が楕円のように開く。その中に、スーパーのレジ袋など12号サイズのビニール袋をはめ、生ゴミを捨てる。

ゴミを捨てるときだけ開き、普段は手前の板を押してパコンと閉めるため、臭いをシャットアウトできる。

購入者から「コバエが寄ってこなくなった」とか、「吸盤でくっついており、大量の水を流しても三角コーナーのように流されることがない」といった声が寄せられているという。三角コーナーのようにヌメらない点も清潔でいいと感じた。

(ライター 山本 奈緒子)

▽価格=1080円
▽サイズ=蓋閉時18.2×6.3×7センチ
▽材質=ポリプロピレン、ポリエチレン、塩化ビニール
▽色=グレー、ピンク
▽取扱店=東急ハンズ各店。問い合わせはオークス(0120・35・1217)まで

[日経プラスワン2015年12月26日付]