くらし&ハウス

暮らしの知恵

幸せな島暮らしは目的から 移住に「逃げ場なし」

2015/8/8 日本経済新聞 夕刊

定年などをきっかけに田舎暮らしを考える人もいるだろう。ただ仕事や住まいの探し方、地域との付き合いなど都会と勝手が違う点も多い。離島にどう住むか――。鹿児島県の奄美大島に移住した人の例からポイントを探ると、やりたいことをはっきり持ち、地元にしっかり溶け込むことのようだ。
太田さん夫妻は古民家を「手作り感」満載のダイビングショップに改装した

【住まい、手作りも】 奄美大島は面積約712平方キロメートルと、国内の離島では佐渡島に次ぐ大きさだ。ともに兵庫県出身の太田健二郎さん(43)、美乃里さん(40)夫妻はその南部にある瀬戸内町に3人の子どもと暮らしている。健二郎さんは20年以上の経験を持つダイバー。海の美しさに感動し、20代で美乃里さんと移り住んだ。ダイビングショップとペンションの支店立ち上げに携わり、1998年に独立した。「自然の中で子どもと暮らせて満足」と健二郎さん。

自宅兼店舗は古い家屋を改装した。「好きにしていい」という家主の言葉を受けて隙間を樹脂で埋めたり、ベニヤ板で補修したり、トイレまで含めて全面的に手を入れた。バー風につくりかえた小屋は、リピート客らに好評だ。

美乃里さんは移住当初は料理経験が少なかった。集落の年上の女性らから何度も食事に呼ばれ、食べながら島料理の作り方を覚えたという。今ではフードコーディネーターや食育指導士の資格を持ち、瀬戸内町農林水産課で食品加工や流通も展開する農業の6次産業化を後押しする仕事も手掛ける。

迫田さん夫妻は「大島紬」に想を得たレッグウエアのネット通販も始めた

【地元を知ろう】 奄美大島の中心部、奄美市名瀬に暮らす迫田真吾さん(33)はUターン組。親類から借りた自宅マンションを拠点にウェブ関連の事業を興して丸4年になる。高校卒業後、会社勤めも含めて約10年を関東で過ごした。大学・大学院ではIT(情報技術)を学んでおり、起業してふるさとの役に立ちたいと28歳で帰郷した。

「まず地元の会社に勤めなさい」と山形県の義母は勧めた。IT企業の求人が見つからず、楽器店に職を得た。約半年で辞めたが、現地企業の慣行などを肌で知ることができた。

事業が軌道に乗るまで2年ほどかかった。「奄美出身じゃなかったら東京に戻っていたかもしれない」と真吾さんは振り返る。地元の特産品「大島紬」に妻の沙弥香さん(31)が想を得てデザインしたレッグウエアのネット通販も今年始めた。「好きなことを仕事にできた。島に来てよかった」(沙弥香さん)

【副業あると理想】 小坂田徹朗さん(67)は岡山県出身。定年退職を機に7年前に奄美市名瀬に移った。東京で約40年のサラリーマン生活を送ったが、妻の実家である黒糖焼酎メーカーを手伝ってほしいと頼まれた。義兄が持つマンションの一室を間借りした。

ところが小坂田さんは半年ほどで会社を辞めた。理由は趣味で始めた農業。米とサトウキビを栽培する面白さに気付き、様々な作物を育てたくなった。3~4年は暮らしが厳しかったそうだが、島おこしにつながる特産品のネット通販を並行して始めた。リタイア前に勉強しておいたことが生きた。

小坂田さんは現在、「炭素循環農法」の普及に取り組む。農薬や肥料を使わず、作物を自然に近い状態で育てる手法だ。若い農家や新規就農者らが仲間となり、活動は広がりつつある。現在は再び焼酎メーカーでの肩書も持つ。「実現するのは難しいが、食いぶちは複数あるのが理想だ」と小坂田さんは話す。

◇            ◇

【下見はじっくり】 奄美群島への移住支援サイト「ねりやかなや」を運営する山腰真澄さん(53)は2007年にIターンし、北部の龍郷町に住んでいる。移住前の5年間は夏、冬に2週間滞在したという。

山腰さんは「陸続きの田舎と違い、離島には逃げ場がない。幸せに暮らしたいなら、まずは島の生活に何を求めるかハッキリさせること」と指摘する。そして可能な限り何度も来て知人をつくり、話をするように勧める。「知人ができないということは移住のタイミングではないという合図と考えた方がいい」

■体験ツアーも活用して
離島へのU・Iターンには移住体験ツアーなどへの参加が有効だ。自治体の支援策も上手に使いたい。奄美市は特定の企業に属さず働くフリーランスらの呼び込みに熱心で、空き家バンク制度や移住定住促進住宅購入費助成金などを新設する。

(鹿児島支局長 松尾哲司)

[日本経済新聞夕刊2015年8月5日付]

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL