くらし&ハウス

暮らしの知恵

DIY、グッズ店に熱視線 壁紙など手軽にリフォーム

2015/6/13 日本経済新聞 夕刊

 DIY(日曜大工)で部屋を自分好みにリフォームするのが人気だ。都心には簡単に貼ったり取り付けたりできる壁紙や取っ手、棚などを販売する内装グッズ店が相次ぎ登場。空き家が増加する中、築年数を重ねた物件を中心に入居者を呼び込もうと部屋を自由に改装できる賃貸住宅も増えている。

 輸入壁紙の専門店「WALPA」は昨秋、国内5店目となるストア銀座(東京・中央)を開いた。国産壁紙の幅が90センチメートルなのに対し、輸入壁紙は約50センチメートル。人の肩幅くらいで不慣れな人でも1人で手軽に貼れることが人気の理由の一つだ。

 壁紙はロール状で販売されており、長さ10メートルで5000円ほどから。6畳(約10平方メートル)の部屋で壁を1面貼り替える場合、2~3つ必要になるという。定番の柄は板張りや木目だが、夏に向けては植物をあしらった壁紙の人気が高い。

◇            ◇

 WALPAストア銀座に母親と来店した東京都練馬区に住む女性(21)は「賃貸でも使えると聞いて興味を持った。居間の壁を一面柄物に貼り替えてみたい」と話し、色とりどりの壁紙を見比べて品定めをしていた。

輸入壁紙の貼り方を伝授する講座が盛況だ(東京都中央区のWALPAストア銀座)

 同店の金ナレさんは「初心者は不織布タイプのほうが貼りやすい」とアドバイスする。裏地が不織布の場合、水で溶いたのりを壁に塗った上からすぐに貼ることができる。裏が紙の場合、専用のりを壁紙の裏に塗ってしばらく放置してから貼らないとよれやすいため手間がかかる。そのうえ、はがした際に跡が残りやすい。退去時に原状回復が必要な賃貸物件では、きれいにはがしやすい不織布タイプが向いているという。

 貼り方のコツは柄をうまく合わせること。つなぎ目で柄をきれいにそろえるようにするといい。特に目線の高さなど、生活していて目に付きやすい位置でしっかりと柄を合わせておくと完成度が高く見えるそうだ。

 WALPAは、初心者を対象にした壁紙の貼り方講座も用意している。参加費は1620円。東京のほか大阪や福岡の店舗でも開いている。募集を開始するとすぐに満員になることもあるといい、リフォームに対する関心の高さがうかがえる。

 こひつじ商事(東京・杉並)が運営する内装用品の店「ゴングリ」(同)は、シカの形をしたフックなど女性向けにかわいらしい建築金物を扱っている。20代から60代まで、幅広い年齢層の顧客が訪れる。

ゴングリは動物の形をしたフックなどのDIY用品を手ごろな価格帯でそろえている(東京都杉並区)

 店で扱う商品は空間デザイン会社の夏水組(同)を経営する坂田夏水さんが選ぶ。壁用の塗料のほか、壁や家具に貼るだけで部屋を華やかにできるマスキングテープなどがよく売れているという。

 花の形をした付け替え用の取っ手や枝の形をしたフックは1つ500円と手ごろな価格にしている。「初めてDIYに挑戦する人でも手を出しやすいように設定した」と坂田さんは話す。これらのグッズは、取り付けに特殊な工具は必要ないのも特徴。ほとんどの場合、ドライバーや金づちなど、家庭にあるもので対応できる。

 インターネット通販サイト「R不動産toolbox」でキッチンや浴槽、ドアなどの住宅設備を販売しているTOOLBOX(東京・渋谷)は、DIY向けの商品も扱う。塗るだけで黒板のようになる塗料や、棚を取り付けるための金具が売れている。DIYではないが、イラストレーターが壁に作品を描いてくれるサービスもある。

◇            ◇

 DIYグッズ市場の盛り上がりを後押ししているのが、空き家の増加傾向だ。賃貸でも入居者が内装に手を入れられる「DIY可物件」や、入居者の好みに合わせてオーナーの負担で壁紙などを取り換える「カスタマイズ可物件」は、築年数を重ねた物件の付加価値を高めるのも狙い。リクルート住まいカンパニーが運営する不動産検索サイト「スーモ」でも、今年1月からこうした物件を検索できるようになった。3月時点では4万件登録されており、昨年同時期の2.3倍となっている。

■賃貸、改装前に取り決め
 賃貸物件のDIY(日曜大工)は、トラブルを避けるため、物件所有者との間で改装できる部分や費用分担などを事前に取り決めておく必要がある。国土交通省は借り主が修繕や改装をして賃貸借する際のガイドラインを公表している。

(企業報道部 若杉朋子)

[日本経済新聞夕刊2015年6月10日付]

くらし&ハウス

ALL CHANNEL