働き方・学び方

イチからわかる

高級ホテル なぜ増える?

2015/2/17 日本経済新聞 プラスワン

イチ子お姉さん 最近、新しい高級ホテルが次々にオープンしているわ。日本初進出のホテルもあって、都心では高級ホテルの開業ラッシュ状態ね。
からすけ 高級ホテル? 泊(と)まったことないし、あまり縁(えん)が無いから知らなかったな。どうして今、高級ホテルが増えているんだろう?

■外国から来る観光客狙う

イチ子 東京では去年6月、港区にできた商業ビルに「アンダーズ東京」というホテルがオープンして話題になったの。アンダーズはアメリカの高級ホテルブランドで日本初進出。去年12月には、シンガポールを本拠(ほんきょ)とする高級リゾートホテルを運営する会社が「アマン東京」を東京駅の近くに開業したわ。

からすけ 高級ホテルって、普通(ふつう)のホテルと何が違うの? どれくらいの値段(ねだん)で泊まれるの?

イチ子 はっきりした基準はないけど、標準的な部屋で1泊の宿泊料金が5万円くらいからというイメージみたい。スイートルームとか高い部屋だと100万円する場合もあるそうよ。

からすけ すごい! どんな人が泊まるんだろう。東京以外ではどうなの?

イチ子 京都や大阪などで開業が目立つわ。京都は世界でも指折りの観光地だし、大阪はビジネスのほか、観光ではユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのレジャー施設(しせつ)も人気があるわ。

からすけ どうしてあちこちで増えているんだろう?

イチ子 まず、日本を訪れる外国人が増えているからよ。14年は約1341万人で過去最高だったわ。為替(かわせ)相場が円安になって外国人が日本で旅行や買い物をしやすくなっているわ。経済の発展しているアジアの国に政府がビザ発給(はっきゅう)の緩和(かんわ)(キーワード)をしていることも大きいわ。東京だけでなく、観光やビジネスで地方に行く人も増えているわ。

からすけ 日本にやってきたら、普通はホテルに泊まるよね。それじゃ、ホテルはすでに混んでいるのかな?

イチ子 ホテルの混み具合を示す数字を客室稼働率(きゃくしつかどうりつ)(キーワード)っていうんだけど、上昇傾向にあるの。訪日した外国人の数とホテルの稼働率は同じような動きをしているわ。最近の都内のホテルの稼働率は85%前後と、ほぼ満室に近い水準よ。

<キーワード>
ビザ発給の緩和 ビザは渡航先の国が入国を認める許可証。政府は2013年、東南アジアの訪日客向けビザを一部不要にするなど緩和した。
客室稼働率 ホテルの客室全体のうち、どのくらいの部屋が使われたかを表わす指標。2014年の都内の主要ホテルの稼働率は84.1%。

■2020年東京五輪が追い風

からすけ でも、2020年には東京五輪もあるよね。

イチ子 1964年の東京オリンピックの時も、同じ年にホテルニューオータニや東京プリンスホテルなどがオープンしているわ。ホテルオークラ東京が20年の東京五輪にあわせて建て替えを決めたように、オリンピックが追い風になっていることは確かね。

からすけ 日本に来る外国人はどのぐらい増えるんだろう。

イチ子 政府は消費拡大に期待して20年までに訪日外国人を2千万人に増やす目標を掲(かか)げているの。そうするとこのままでは宿泊施設が足りないという意見が多いわ。特に東京は世界の大都市に比べて高級ホテルが少ないの。最高級ランクのホテルの数は東京はニューヨークの3分の1という調査もあるの。

からすけ まだまだ高級ホテルは増えるってことか。

イチ子 ホテルの宿泊料金からみてもそう言えそうよ。東京のホテルの宿泊料は平均すると1泊155ドルで、だいたい1万8000円ぐらい。ニューヨークの3万1000円と比べると4割ほど安くて、ロンドンやシンガポールと比べても安い。だから高級ホテルが進出する余地はまだありそうよ。

からすけ 高級ホテル、ぼくもいつか泊まってみたいな。日本人は旅館も好きだから、国内の高級ホテルにはあまり泊まらないの?

イチ子 そんなことはないわ。日本人の利用が増えていることも開業が増える理由の一つね。株価が上がったこともあって、多くの資産を持っている高齢者(こうれいしゃ)を中心に財布のひもは緩くなっているの。円安で海外旅行よりも国内旅行に人気が出ていることあるわ。

からすけ でも高いホテルに泊まれる人は、そんなに多くないんじゃない?

イチ子 そうね。だから、ビジネスホテルも含めていろんな種類のホテルの開発計画が活発になってきているわ。空き部屋になっている賃貸住宅を外国人の向けの宿泊施設に使ったりする新しい宿泊サービスもでてくるそうよ。いろんな種類のホテルや宿泊施設を選ぶことができれば、日本の魅力(みりょく)が高まることにもつながるわね。

■おもてなし、世界に発信

渋谷教育学園渋谷中学高等学校の真仁田智先生の話
旅の思い出は心に残ります。また、時代とともに旅のあり方も変わってきて、団体旅行が定番だった修学旅行も、少人数グループで計画を立てて見学する学校が増えています。大人の旅では、走る一流ホテルと呼ばれる列車で九州を回り、その自然や文化、出会った人たちとの触れあいを楽しむ「ななつ星in九州」も人気です。
外国人が集まる避暑地(ひしょち)、長野県軽井沢(かるいざわ)で、大正(たいしょう)時代から旅館を経営してきた星野リゾートは来年、東京・大手町(おおてまち)に本格的な温泉旅館「星のや東京」を開業します。大都会のオフィス街で玄関で靴(くつ)を脱いで畳(たたみ)に上がり、お箸(はし)で和食を食べ、見知らぬ客同士が温泉につかる。国際標準の外資系ホテルのサービスとは異なる、和のおもてなしを体感できる日本の温泉旅館の個性的な魅力を旅行者がどう感じるか楽しみです。
今週のニュースなテストの答え 問1=ODA、問2=ゴーギャン

[日経プラスワン2015年2月14日付]

働き方・学び方 新着記事

ALL CHANNEL