腎機能低下、放置禁物 心筋梗塞・脳卒中リスク増す

新たな国民病といわれているのが慢性腎臓病(CKD)だ。血液中の老廃物を取り除く働きを持つ腎臓の機能が低下した状態で、悪化し腎不全になると人工透析を余儀なくされる。心筋梗塞や脳卒中などの発症リスクも高めてしまう。慢性腎臓病は食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が深く関わっており、自覚症状がないまま進行する例が多い。健康診断などで腎機能低下に早めに気づき、生活習慣を改めたい。
腎機能の低下によって腹部大動脈が硬化してしまった患者の腹部の画像。中心の丸い部分が血管で周りが石灰化している=椿原美治阪大教授提供

腎臓は握りこぶし大の臓器で、腰のあたりに左右1つずつある。血液をろ過して老廃物などを尿として体の外に排出する働きがある。また、血圧や体内の水分量、ミネラルを調整したり、血液をつくるホルモンも分泌したりする作用もある。腎機能が低下すると、尿が出なくなり、排出されない老廃物などが体内で悪影響を及ぼし、さまざまな病気の原因になってしまう。

■気づかぬまま…

尿中のたんぱく質が多くなる「たんぱく尿」などの腎臓の障害があったり、腎機能が健康な人の6割未満に低下したりする状態が3カ月以上続く場合、慢性腎臓病と診断される。国内の患者は約1300万人、成人の約8人に1人が発症していると推計されている。高齢になると腎機能が低下するため、慢性腎臓病になるリスクが高まる。

大阪大学の椿原美治教授は「慢性腎臓病は症状がないのが特徴。気づかないまま放置し、病気が進んでしまう例が多い」と解説する。通常、病気の初期では体の特定の部位が痛むなどの症状は出ない。

病気が進行すると腎機能がさらに下がり、夜間に何度も起きてトイレに行く、足がむくんで靴を履きにくい、貧血や倦怠(けんたい)感、息切れをしやすくなったなどの症状が現れ、異変に気づく。しかし腎臓はいったん機能が低下すると、薬などで治療しても、元の状態まで回復させるのは難しい。重症になると、人工透析をしなくてはならなくなる。

慢性腎臓病の患者がたどる典型的なケースは、こんな感じだ。70代のAさんは、50代のころ尿中にたんぱくが多いと指摘されたが、「たいしたことはないだろう」と放置していた。高血圧の症状が出て、降圧剤を服用するようになったのは10年後。医師には腎機能低下を指摘された。紹介された専門病院で診てもらったが機能回復は難しく、今は人工透析をしている。一般の透析は週2~3回通院し、1回に3~5時間かかるため、日常生活への影響が大きい。

大阪市立大学の稲葉雅章教授は「腎臓が悪い人では全身の血管の状態も悪いと考えられる」と指摘する。血液をろ過する腎臓は血管の塊ともいえる臓器だからだ。血管の状態が悪いと、「心筋梗塞や脳卒中の発症リスクも高くなる」(稲葉教授)という。

糖尿病の人は、これらの病気の発症リスクが高いことが知られているが、慢性腎臓病でも気をつけないといけない。また、高血圧は腎臓に負担を与え、腎機能が低下すると高血圧を招くという互いに密接な関係にあるという。

慢性腎臓病を早い段階で発見するためには、尿検査や血液検査で腎機能を定期的に調べ、低下が起きているかどうかを知ることが大切だ。検査では、たんぱく尿かどうかや血液中の老廃物であるクレアチニンの量が増えているかなどを調べる。

■健診などで点検

機能低下が起きていると、クレアチニンが十分に除去されず血液中に増えてしまう。血清クレアチニン検査の値から腎臓能がどの程度残っているかが計算で求められる。この検査が健康診断の項目に含まれていない場合は、医療機関で調べてもらおう。たんぱく尿が見つかったら、「前日に運動しすぎたからだろう」などと安易に考えずに、医療機関を受診することが得策だ。

慢性腎臓病は、糖尿病や高血圧といった生活習慣病が発症要因になっていることが多い。つまり、暴飲暴食や運動不足などを改善すれば、生活習慣病やメタボリックシンドロームとともに慢性腎臓病のリスクも下げられる。日ごろから規則正しい生活を送るとともに、食事の量やバランス、減塩などにも気を配ることが大切だ。たばこを吸っている人は禁煙した方がよい。

慢性腎臓病を早期に見つけて治療を始めることで「腎機能の低下を未然に防ぐことが重要だ」と阪大の椿原教授は強調する。なかには機能が回復するケースもあるという。慢性腎臓病を誰もがなりうる身近な病気だと考えて、予防と早期発見につなげたい。

(新井重徳)

[日本経済新聞夕刊2015年1月16日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント