強い痛み・血圧急低下… 大人の盲腸、重症化に注意大腸がん 潜むケースも

虫垂炎は盲腸という呼び方で知られている。若い人がかかる病気との印象があるが、実際は高齢者まで幅広い年代で発症し、いつなってもおかしくない。ストレスなどによる免疫機能の低下が原因の1つともいわれている。虫垂炎は他の大腸の病気と初期症状が似ており、「虫垂炎と思ったら大腸がんだった」というケースもある。異変を感じたら忙しくてもきちんと診断を受けることが大切だ。

■異変あれば問診を

20代後半の男性は、空腹時に上腹部に痛みを感じていた。最初は様子を見ていたが、どんどん痛みがひどくなり、痛みは右下腹部に移ってきた。吐くようになり、たまらず夜に病院を訪れたところ急性虫垂炎と診断され、そのまま入院した。翌日に虫垂の摘出手術を受け、3日後に退院した。

盲腸は大腸と小腸がつながる場所にある。端が行き止まりという意味の「盲端」という言葉から盲腸と呼ばれるようになった。その盲腸からにゅっと垂れ下がった管状の臓器が虫垂だ。おなかの右下近辺にあり、これに何らかの原因で炎症が起きれば虫垂炎となる。

虎の門病院(東京・港)消化器外科の黒柳洋弥部長は「10~20代の来院が多いが、発症する年代は高齢者まで幅広い」と解説する。国立病院機構まつもと医療センター松本病院(長野県松本市)によると、同病院の虫垂炎の年代別症例数(1998~2013年)は10~39歳が半数以上を占めているが、90代の患者もいた。

本来は便になるものが石のようになる「糞石(ふんせき)」などで虫垂の中がつまると、その先が閉塞状態となり、細菌が繁殖する。その結果、虫垂が炎症を起こす。異物で詰まる原因はさまざまだが、体調が悪かったりストレスがたまったりして、病原体などから身を守る免疫機能が下がると発症しやすいとされる。外科手術で虫垂を切除すれば、2度と虫垂炎になることはない。

虫垂炎の発症初期の多くは、まずヘソの上あたりがズキズキと痛くなる。その後、時間がたつと痛みが腹部の右下近辺に移る。その頃には発熱を伴っていることが多い。痛みの場所が移るタイミングは人それぞれで、1日で変わる人がいれば、2~3日の人もいる。

痛み方や場所がうまく説明できない子供は問診での診断がつきにくい。このため虫垂炎を単なる腹痛と思い込み我慢しつづけると、腹膜炎などに発展する恐れがある。

一方、成人も虫垂炎の症状は子供と同じだが、自分で痛みの種類などが判断しやすく、早期発見も比較的容易だ。ただ、社会人は「多忙で病院に行く時間がない」などの理由ですぐに受診しないケースが多く、子供と同様に症状が悪化する恐れがある。異変を感じたら早めに病院を訪れることが重要だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント