現場論 遠藤功著ビジネス書ランキング1位

2014/11/18
ビジネス書ランキング (11月2日~8日)
1(12)現場論遠藤功著(東洋経済新報社)
2(7)How Google Worksエリック・シュミットほか著(日本経済新聞出版社)
3(―)ANAの口ぐせANAビジネスソリューション著(KADOKAWA)
4(7)会計の新しい教科書吉成英紀著(日本経済新聞出版社)
5(―)官製相場の暴落が始まる副島隆彦著(祥伝社)
6(7)決算書はここだけ読もう[2015年版]矢島雅己著(弘文堂)
7(―)ゼロから教えて ビジネスマナー松本昌子著(かんき出版)
8(7)ビジネスモデルの教科書今枝昌宏著(東洋経済新報社)
8(13)ビジネスモデル全史三谷宏治著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
10(―)社長の心得小宮一慶著(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

(東京・文教堂書店浜松町店、カッコ内数字は同書店の前週順位)

 ビジネススクールの教授も務めるコンサルタントが、競争力向上の鍵となる企業の「現場」の磨き方を指南する。グローバル化が進むなか、日本企業は経営規模よりも組織力で戦うべきだと強調。現場に起点を置く経営の大切さと併せて、「必然性」「合理性」などの視点から疲弊する組織を再構築する手順を説く。


[日本経済新聞朝刊2014年11月16日付]

現場論: 「非凡な現場」をつくる論理と実践

著者:遠藤 功
出版:東洋経済新報社
価格:1,944円(税込み)

今こそ始める学び特集
今こそ始める学び特集