バイクにスマホ乗せGO アプリで快適ツーリング

各地で紅葉が見ごろを迎え、バイクに乗って出かけたくなる季節になった。スマホの普及でツーリングに持って行くライダーが増えている。休憩時に地図や天気を確認するのが一般的だが、バイクに取り付けてナビゲーション機能やアプリのサービスを使う人も出てきた。スマホと組み合わせることで、バイクの楽しみ方が広がっている。

「自分の運転が数値化されるので、もっとうまく走ろうという気持ちになる」。バイク歴30年になる静岡県の男性会社員(56)はこう話す。1300ccの愛車に乗ってツーリングに出かけるのが趣味だ。好きなコースは曲がりくねった山道だという。

「スマートライディング」はバイクの運転技術を評価する(東京都足立区)

ヤマハ発動機が昨年10月に提供を始めたアプリ「スマートライディング」は、バイクがカーブを曲がるときの運転技術を評価してくれる。ハンドル部分に取り付けたスマホのセンサーが車体の動きを計測し、100点満点で判定する。スムーズに曲がれば得点は高くなる。走行姿勢などのアドバイスも表示する。アプリにはスマホのカメラで動画を撮影する機能があり、走行時の動画があれば、より詳しくどこのカーブでうまく曲がれたかが分かる。「ツーリングの後に動画を見ながら仲間と振り返ることができる」(開発担当の野村靖さん)。

ヤマハでは社内のテストライダーの運転技術を評価する仕組みがある。これをスマホのアプリに応用した。点数を表示することで、カラオケの採点システムのように分かりやすくした。

■ライダー同士が交流

バイクにスマホを付ける際には専用の取り付けカバーが必要で、ハンドル部分に固定する。安全確保のため、走行中は点数を見られないようになっている。運転技術を磨き、バイクの楽しさを味わってもらうことでライダーの育成につなげる。「自分の技術を正しく知って安全運転してほしい」(野村さん)

走行情報や点数はツイッターやフェイスブックに投稿できる。女性が多く活用しており、ライダー同士の交流にも役立っている。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧