音なしでもノリノリ 無線ヘッドホンで「フェス」

音楽が流れない静かな空間で、ワイヤレスヘッドホンを着けた参加者が思い思いに踊る――。そんな催しがクラブを中心に新たなダンスの楽しみ方として注目されている。野外の音楽イベント(フェス)が発祥になったことから「沈黙フェス」「無音フェス」などと呼ばれ、音楽イベントに付き物の騒音対策の切り札としても期待されているようだ。

クラブなのに静寂が広がる

「iD cafe」でワイヤレスヘッドホンを着けて踊る人たち(名古屋市)

打ち放しのコンクリートの壁面、薄暗い中で明滅する極彩色のレーザー照明、一段高く設けられたDJブース、アルコールを給仕するバーカウンターとハイスツール……。いかにもクラブという店内にあって、ただ一つ違っていたのがその静寂さ。耳をつんざく爆音が聞こえてこないのだ。

8月20日夜、名古屋の繁華街・栄の一角にあるクラブ「iD cafe」で、「サイレントディスコ」と銘打ったイベントが催された。客は1階入り口でヘッドホンを受け取って入場する。

イベント開始の午後10時を前にダンスホールでは数十人がスタンバイした。ヘッドホン姿が集う異様な光景に「ぱっと見ると恥ずかしい」と20歳男子学生。入場すると同時に思わず噴き出したり、グループで記念写真に納まったりする姿も見られ、見た目の目新しさを楽しむ客は多かった。

イベントが始まり、それぞれがリズミカルに体を動かし出す。かかる音楽はアップテンポな洋楽やラップにB’z、宇多田ヒカルといったJポップも混じり、「これ、何て曲だっけ」などと会話も聞こえてきた。ヘッドホンを外せば簡単に会話ができるのが利点。21歳男子学生は「好きなときにしゃべれて、聴き疲れたら休憩できるのがいい」。

雑音なく「純粋に音楽を楽しむならこっち」

クリアな音質はおおむね好評。水沢夏実さん(22)は「雑音なく音が広がる。純粋に音楽を楽しむならこっち」、加藤昌樹さん(26)も「リズム感覚が独特で通常だと皆に合わせにくいけど、周りの景色を忘れて自分の世界に入れる」と満喫していた。

「(ヘッドホンを装着したままでは話しかけられないので)ナンパされないのがよかった」(22歳女性)と意外な理由で評価する声も。

MONO TRENDY連載記事一覧