一家支えて当然? 「大黒柱バイアス」に悩む男性たち

写真はイメージ=PIXTA

女性の活躍推進が叫ばれる中、男性にも積極的な家事・育児への参加が求められている。だが性別による役割分担意識が残る日本では「男性は一家の大黒柱として、稼がねばならない」という固定観念や周囲のプレッシャーも根強く、板挟みになっている男性も少なくない。そんな風潮に生きづらさを感じ、働き方や生き方を見つめ直す男性も出てきている。

「旦那さんの名義で契約しない理由は何ですか?」。東京都在住の31歳の男性会社員は、家族で住む家の賃貸契約をした際、不動産会社の担当者から、そう尋ねられた。

男性は妻と共働き。だが妻の方が収入が多いため、契約者を妻にしたという。「男性の方が当然稼ぎが多く、契約者になるものだ、という世間のイメージを浴びせられた気がした」と振り返る。

一般社団法人「Lean In Tokyo」が、2019年に男性309人に行った調査では、職場や学校、家庭などの場で「男だから」という固定観念により、生きづらさや不便さを感じる、と答えた人は半数超にのぼった。

内容として20~30代で最多だったのは「デートで、男性がお金を多く負担したり女性をリードすべきという風潮」、40~50代は「男性は定年までフルタイムで正社員で働くべきという考え」。2位以下には「高収入でなければならないというプレッシャー」などが並び、経済面や働き方に関することが上位となった。

大黒柱バイアスが家族の選択肢を狭める

NPO法人ファザーリング・ジャパンの理事を務める複業研究家の西村創一朗さんは、男性が稼ぎ頭として家族を支えるという固定観念を「大黒柱バイアス」と呼ぶ。

高度経済成長期の間、日本では男性は会社で長時間働き、女性は家で家事や育児を担うというライフスタイルが効率的とされた。だが今や共働き世帯が専業主婦世帯を上回り「男性ひとりの収入で家族を養う」スタイルの家庭は少なくなった。それでもなお「男性は一家の大黒柱であらねば」とする意識は根強い。

西村さんは「今は複数の柱で家庭を支える方が合理的だ」と説明。「大黒柱バイアスは男性自身を苦しめるだけでなく、家族の選択肢を狭める可能性もある」と話す。例えば育休をとりづらいと感じる男性も「無意識の内に大黒柱バイアスを持っているのではないか」と指摘。そのうえで「男性を固定観念から解き放ち、仕事や家事・育児を夫婦それぞれの望む形で分担することが重要だ」と話す。

次のページ
プレッシャー押しつけない関係を模索