ルールはアップデート必要 「ブラック校則」見直しをダイバーシティ進化論(スプツニ子!)

写真はイメージ=PIXTA

「学校の常識は世間の非常識」といわれる。昨年夏に行われた調査で、東京都立高校の45%で「地毛証明書」を求めていることがわかった。茶色い髪や癖毛が生まれつきであることを示す証明書だ。ほかにも、制服を着る時の下着の色を白に制限したり、外泊・旅行の届け出を学校に求めたりするなど、不合理な校則が各地で顕在化している。

いわゆるブラック校則だ。SNS(交流サイト)などで「非常識だ」と問う声が高まった。文部科学省は6月、各都道府県の教育委員会などに、社会や時代の変化に合わせて見直すよう求める通知を出した。

日本には茶道や華道など、型や作法にのっとることで美しさを表現する世界もある。だが、ブラック校則という型を順守することに美は見いだしにくい。窮屈というレベルを超え、人権侵害の域に達している。

地毛証明書は日本人が単一民族・人種である、という幻想を前提にしている点でも見過ごせない。日本には多様な人が住み、日英の両親のもと生まれた私のように人種ミックスの人も増えている。ある型から外れた人を特別視する人種差別的なルールだと思う。