不妊リスク高める多嚢胞性卵巣症候群 肥満体質は注意

聖マリアンナ医科大学の洞下講師はPCOSの超音波画像を見せて患者に説明する
聖マリアンナ医科大学の洞下講師はPCOSの超音波画像を見せて患者に説明する

女性の排卵が起こらなくなり、不妊の原因の一つとなる多嚢(のう)胞性卵巣症候群(PCOS)に悩む女性が目立ってきている。晩婚や晩産化が進む中で医療機関で検査するきっかけが生まれにくいためだ。気づかずに放置すると子宮体がんなどにつながる可能性もある。早めの発見、治療が重要だ。

静岡県三島市に住む鈴木南さん(仮名・33歳)は数年前、妊娠を考えてかかりつけの婦人科クリニックに相談したところPCOSと診断された。

鈴木さんは20代前半から子宮の内側の粘膜に似た組織が子宮の外で増える子宮内膜症に悩まされ、低用量ピルで管理してきた。月経周期は45日前後と長かった。PCOSとわかったとき「もう一つ疾患があったのか」とショックを受けた。

鈴木さんは妊娠を決意するまでPCOSの名前を知らなかったという。その後、不妊治療クリニックに通院、低用量ピルの服用を止めて運動療法などを実践。3カ月後に無事妊娠した。

日本産科婦人科学会などによると、PCOSは20~40代の女性の5~8%に見られる疾患だ。卵巣で局所的に男性ホルモンが増えることなどで卵子を包む卵胞と呼ばれる袋状の組織が、成長を止め、排卵が起こらなくなる。原因は明確ではないが遺伝や体質によることが多いといわれる。

月経周期が長くなりやすいが、逆に楽と感じる人もいるためか、自身がPCOSだと気づきづらい。

さらに、近年の晩婚・晩産化が気づきにくさを加速させている。聖路加国際病院(東京・中央)女性総合診療部の百枝幹雄部長は「20代前半で妊娠を希望する人で妊娠しづらい場合は、PCOSを発見し早期に対処できた」と話す。だが妊娠を希望する時期が遅くなり、PCOSが重症化するまで気づかないケースが増えているという。「(結果的に)不妊リスクが高まる」と警鐘を鳴らす。

気づくポイントは月経周期が長いことだ。聖マリアンナ医科大学の洞下由記講師は「月経が2~3カ月かそれ以上空く場合、病院を受診するとよい」と説明する。また、基礎体温は、PCOSの場合上昇しない。

思い当たれば検査のために産婦人科を受診しよう。卵巣の超音波検査と血液検査を受けるのが一般的だ。超音波検査では卵巣を撮影し、卵巣内に成長しない卵胞がたまった状態であるか確認する。さらに血液検査でホルモンの異常の有無を調べた上で、診断する。

PCOSと診断された場合の治療は、妊娠希望の有無で異なる。洞下講師は「PCOSと診断されても適切な治療により妊娠は可能」と話す。

妊娠を希望する場合、まず、肥満状態であるかどうかがカギだ。肥満の人は血中にインスリンが多く男性ホルモンが過剰になり、PCOSを発症しやすくなるためだ。やせることでインスリンの状態を改善できる。このためまずは運動で減量するのが大事だという。洞下講師は「肥満体質の人は体重を5%落とすだけでも改善することが多い」と目安を指摘する。

次のページ
検査で陰性「安心する」
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント