89歳の樋口恵子さん&堂本暁子さん対談 女性は連携を

「人生100年時代」とされる高齢社会で、私たちはどうキャリアを重ねればいいのか。ともに89歳を迎えた評論家・樋口恵子さんと元千葉県知事・堂本暁子さん。40年来の友人である二人が、コロナ後を生きる女性たちへ、対談を通じてエールを送る。(文中敬称略)

パーテーション越しに握手代わりの「ひじタッチ」をする樋口恵子さん(左)と堂本暁子さん(東京都千代田区)

堂本 お久しぶり。コロナですっかり会えなくなってしまって。

樋口 そうね。私は今、人生の岐路に立っておりまして。NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」を立ち上げて38年になりますが、後継者に引き継ぐか、意義のある閉じ方をするか――。平均寿命(女性は87歳)までは若い気でいたけれど、最近は「自分の人生にどう決着をつけるか」を前提に考え始めているんです。堂本さんは?

堂本 私は東日本大震災をきっかけに設立した「男女共同参画と災害・復興ネットワーク」が10周年。被災地の避難所を訪ねると、どこも男性が仕切り役で、着替えや授乳など、女性への配慮が欠落していました。意思決定の場に女性が参画する意義を痛感したわ。今は活動成果を本にまとめようと準備中です。

――コロナ禍でも男女格差が顕在化しました。

堂本 世間では「女性活躍」が急に叫ばれているけれど、大災害や社会的事件が起こると、日本社会に脈々と残る潜在的な差別意識が地面から槍(やり)が飛び出すかのように顕在化する。戦後、女性の社会的地位は向上しましたが、今後も障害者や外国人などを含めた身近な差別の芽を見つける努力は欠かせません。

樋口 私も高齢女性の地位向上に貢献した個人・団体を励ます「樋口恵子賞(仮称)」の創設を卒寿記念に考えているのよ。私財の一部を運営費用にして死後に始められれば、と思っていたけど、仲間から「死んじゃってからではつまらない」と説得されて「やりながら死ねばいいか」と。

堂本 いいじゃない。90歳の「卒寿」を次の世代へのバトンタッチの場面にするって、すてきな発想よね。

――お二人の前向きさの基となる、キャリアについて聞かせてください。

樋口 私は新聞記者志望でした。東京大学教養学部新聞部では女性初の編集長、全日本学生新聞連盟でも副委員長を務めたので、ぜひジャーナリズムの一員になりたかった。ところが運悪く、その年は多くの新聞社や通信社が「女子募集せず」。門前払いでした。

堂本 「女性」というだけで社会への扉を閉ざされていたわね。私の場合はたまたまTBSが女性社員を探していて、大学の先生が推薦してくれたんです。そこから報道の世界に。