「12年に英ロンドンで公共放送BBCから取得したスタジオについては多少先見性があったかもしれません。ウエストエンドから車で15分ほどの場所にあり、オフィス街の一等地ではありませんでした。当時はユーロ危機のさなかで投資に二の足を踏む投資家は多かったですが、私は英国民にとって非常に思い入れがある場所であり、地下鉄が何本も通る交通至便性の高さに着目しました。実際、我々が思った通りの人気エリアに育っています」

――刺激を受けたリーダーは岩沙会長でしょうか。

「岩沙会長は私が新入社員としてビルの用地担当の部署に配属されたときの上司でした。経営企画の時を含め、一番長く仕えてきました。01年の不動産投資信託(REIT)の創設も岩沙会長のもとで取り組みました。社長としての行動指針も学んだので、経営の師と言えます」

「岩沙会長からは、何か行う際は全体を俯瞰(ふかん)しつつビッグピクチャー(大きな絵)を描き、その中で自分たちの役割を考える大切さを学びました。社長に就いた今は、私も部下に『もっと大きな絵を描いて確認しようぜ』と話しています」

(原欣宏)

■スポーツ観戦に熱
 こもだ・まさのぶ 1954年東京都生まれ。東大法卒、三井不動産入社。ビル用地の取得などに携わり、03年経営企画部長、05年執行役員、09年常務、10年専務、11年から現職。
 趣味について聞かれると「一番困るんですよ」というが、スポーツ観戦には熱を入れている。ゴルフや陸上のほか、Jリーグの試合を見ることもある。普段は週に何回かジムのプールで軽く泳いでリフレッシュ。後は「若い社員と飲みながら話して気分転換する」と笑う。

[日本経済新聞夕刊 2021年7月29日付]

(下)机上ではなく、背中で教える 基盤は人と人のつながり

マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら