ワクチン1回接種後、デルタ型感染 高熱と激烈な頭痛

抗ウイルス薬レムデシビルの点滴は計5日間続いた
抗ウイルス薬レムデシビルの点滴は計5日間続いた

新型コロナウイルスで感染力の強いインド型(デルタ型)など変異型が急拡大している。ワクチンが効果を発揮するには2回接種の上、一定期間が必要とされる。1回目の接種後に変異型陽性が判明した記者(45)は高熱と激しい頭痛に苦しんだ。接種途中も感染への厳重警戒が必要だ。

ワクチンの1回目は6月24日。目立った副作用はなかった。接種後も夜の会合は避け、通勤時間も早朝かラッシュアワー後。人混みに接する機会はなかった。

熱が出たのは接種9日後の7月3日土曜の夜だ。熱っぽさを感じ、測ると38度ほどあった。「朝には下がるだろう」。そのまま眠ろうとした。

だが、4日未明に39度に。大量の汗をかき、すぐに服がずぶぬれになった。

経験のない激しい頭痛を感じるようになった。頭を動かそうとすると、頭骨にくぎを打ち込まれるような衝撃が走る。同じ体勢のまま耐えるしかなかった。

5日朝も熱は39度前後で引かなかった。自宅近くのクリニックが、午前の一般診療の終了後に発熱者を診るといい、予約した。

医師は難しい表情だった。「PCR検査をしましょう」

翌朝、医師から連絡があった。「陽性でした」。ショックは大きかった。どこで、なぜ。「保健所から連絡があるので指示に従ってください」

約3時間後、保健所から電話が来た。東京都の入院判断フローチャートでは、39度の発熱は入院相当。消耗を感じ、入院を調整してもらうことにした。

念のため登校を見合わせていた10歳の息子は、テーブルに突っ伏して泣いていた。恐怖を感じたのだろう。

自宅に派遣された専用の送迎タクシーに乗った。座席をシートで隔て、後部座席には掃除機のような吸引ノズルが設置、轟音(ごうおん)を立てて、空気を吸い込んでいた。

病院につくと、コンピューター断層撮影装置(CT)室に直行した。「一部肺炎の白い影が見えます」。抗ウイルス薬のレムデシビルの点滴も始まった。

血中酸素濃度は常時監視され、大きく下がると警告が出る
次のページ
あらゆる世代に感染リスク
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント