意外に暑い山形の2大涼麺 まさかの氷入りラーメンも

氷を入れてもスープの脂は固まらない(山形市の栄屋本店)
氷を入れてもスープの脂は固まらない(山形市の栄屋本店)

山形は暑い。1933年に気温40.8度を記録して以来74年、2007年に埼玉県熊谷市などに抜かれるまで、山形市は長く「日本一暑い街」だった。その山形で生まれた2大涼麺が「冷やしラーメン」と「冷たい肉そば」だ。今でもやはり山形の夏は暑く、この2つの看板に吸い寄せられる山形県民は多い。

「最初は『邪道だ』とも言われたようですが、コロナ禍前には(3人だけで切り盛りする店で)1日600食出た日もありました」。山形市の冷やしラーメンの老舗「栄屋本店」の3代目、阿部徹さんはそう話す。

冷やしラーメンは、酸っぱい冷やし中華とは全くの別物で、いわゆる普通のラーメンを冷たくしたものだ。だが、単に冷やすだけではスープの脂が固まってしまう。それを克服したのが徹さんの祖父。「夏は冷たいラーメンが食べたい」との客の声に応えて研究、1952年に商品化した。

注目記事