コロナ後遺症、焦り禁物 リハビリや精神的ケアが大切

新型コロナウイルス感染症の後遺症を診療する専門外来も増えている(聖マリアンナ医科大学病院)
新型コロナウイルス感染症の後遺症を診療する専門外来も増えている(聖マリアンナ医科大学病院)

新型コロナウイルス感染症の流行が長期化するなかで、感染症から回復した後に後遺症に悩まされる患者が増えている。症状は多岐にわたり比較的若い年代が多いのも特徴だ。強い倦怠(けんたい)感などが続いて仕事や社会生活への復帰に困る事例がある。後遺症は時間がたつにつれて改善する傾向があるものの、リハビリや精神的なケアなどで家族や職場などの理解と協力が大切だ。

新型コロナにかかったある高校生は、症状が回復して数カ月たつが味覚が戻らない。通学や学校の授業などには支障がないが、味覚が感じられないことへの不安感がぬぐえないでいる。亜鉛を補充するなど症状に対する治療を続けながら、必要に応じて精神面のカウンセリングも受けている。

「後遺症が自分だけではと悩んでいる患者も少なくない。あなただけではない、と伝えるだけで安心する人もいる」。聖マリアンナ医科大学病院の新型コロナウイルス感染症後外来(後遺症外来)を担当する土田知也医師は話す。新型コロナに感染したと周囲に言いにくい環境もあり、症状緩和の治療だけでなく精神的なケアが欠かせない。

同病院の後遺症外来は1月に開設され、新型コロナが回復してから2カ月たっても後遺症が残る患者の診療に当たっている。現在、通院している患者は140人ほどだ。新型コロナの重症化や死亡のリスクは高齢者や基礎疾患のある患者が高いとされるが、後遺症は比較的若い年齢層も発症しやすい傾向がある。同病院も中心は30~40歳代で60歳代までがほとんどという。

後遺症には倦怠感や味覚・嗅覚障害のように感染症が発症したときからみられる症状が続くものだけでなく、脱毛のように感染症が回復してしばらくしてから現れることが多い症状もある。他にも思考力や筋力の低下、息切れ、睡眠障害など症状は多様だ。後遺症ではないが、逆流性食道炎など以前からの病気が悪化する例もあるという。

倦怠感や息切れなどの症状がひどい場合は仕事や日常生活にも支障が出る。少し体を動かしただけでも呼吸困難になり、動けなくなる例もある。症状の重い患者が職場復帰する場合、午前中だけ週2~3日のように軽めの勤務から開始。少しずつ負荷を増やして、慣らしていくようにする。「本人がつらいかどうかを聞いて、無理をさせないことが大切」と土田医師は注意を促す。勤務が難しい場合など、病院がソーシャルワーカーと協力して支援する取り組みもしており、社会的な支援も欠かせない。

新型コロナの後遺症は原因がはっきりせず、確立された治療法はまだない。呼吸機能のリハビリなどを行って機能回復に取り組むが、治療の糸口が見え始めた後遺症もある。

次のページ
自治体などの相談窓口活用
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント