学んだのはターゲティングの重要性だ。代理店との会話、日本人が集まる会合、インターネットなどで積極的に車や半導体市場の変化をつかみ、営業機会を探した。4年間の海外生活は慣れるのに3年ほどかかったという。「月並みな言い方だが、スキルや働き方の幅を広げる大きな経験になった」

18年に帰国した後は海外営業部で欧州の代理店サポートに携わっている。営業では個人の力量や関係づくりを重視しがちなアジア圏に対し、「欧州は契約社会で長期的な経営体力を求める。品質や信頼の基準をクリアしないと相手にされない」。親会社の日清紡HDはブレーキの摩擦材で欧州の車メーカーと取引実績があり、「信用面で助かっている」と話す。

最近は新型コロナウイルス禍で渡航が制限されており、デジタルマーケティングを強化している。ただ、オンライン上の会議や展示会でも「性能はいいし値段も安い、だが売れないという経験は星の数ほどしている。現場の人間が常にアンテナを張って商機をつかまえる必要がある」。

池本さんは「営業ノウハウは経験でしか分からない面がある。ネット上に転がっているわけではないから」と気を引き締める。

新日本無線は22年1月、同じ日清紡HD傘下のリコー電子デバイス(大阪府池田市)との統合を控える。「統合シナジーで製品開発力などさらに良い方向に進んでいくはず。顧客とともに成長し続けたい」と新体制下でも、営業の腕を振るう心構えだ。

(石川雄輝)

いけもと・あつし
09年に新日本無線入社。電子部品の営業として関東の大手取引先を担当、14年からシンガポール販社で主に東南アジア地域担当。帰国後は電子デバイス事業部海外営業部に。東京都出身。

[日経産業新聞 2021年7月14日付]


管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


成果につながる「伝え方」「見せ方」を磨く講座/日経ビジネススクール

ビジネスの相手を説得できる会話力・プレゼン力・文章力などが身につく日経のおすすめ講座

>> 講座一覧はこちら

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら